DISCUSSION議論

巌流島ルールを作ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン、格闘家、関係者の議論で創る『巌流島』イベント! このサイトで出た皆さんの意見は、CS放送「フジテレビONE スポーツ・バラエティ」で放送される『千原ジュニアのニッポン格闘技復興委員会』の中で紹介され、実行委員会のメンバーの意見も加えてルールやマッチメイクを決めていきます。第1回放送のテーマは、「巌流島ルールを決めよう!」です。

しおりをひらく

コメント書き込みの他、動画や写真もアップロードできます。書き込むためにはログインして下さい。

ログインする

退会済み

No.958 2014/12/09 17:06



消極的行為、武道精神に反する行為、自ら倒れ込む行為、逃げ回る行為、相手の怪我の原因になる様な行為、相手との戦いから逃げるような恣意的行為、怪我のふりをする・マウスピースを頻繁に落とす等を含む臆病な行為等は武道的観点で議論の余地があると思いますが皆さんどうしますか?

退会済み

No.956 2014/12/09 15:34



問題はだからと言って、「立ち関節」もそうですが「プロレス(キャッチレスリング)の締め出し」に繋げてはいけないということです。

ですからルールの文面に、



プロレス(キャッチレスリング)・合気道・逮捕術等との異種格闘技戦に限り「立ち関節・立ち絞め・手の指関節攻撃・相手の頭や首をマットに突き立てるような攻撃は有効」の特別ルールで行ない、裏投げや裸絞め、逆落としの様な絞め投げや腕極め顔面蹴り等も有効にする。

これはキャッチレスリングの技術体系がスープレックスとサブミッションから成り立っている事に配慮した措置である。

このケースに限り5分3Rでラウンド毎にルールを変えた変則三本勝負も試験的に導入する。



を追加したいと個人的には思います。

退会済み

No.955 2014/12/09 15:26



UFCでは禁止技はあくまで「相手の頭や首をマットに突き立てるような攻撃」です。

まあ実際はこの技が出ても黙認なのが現実らしいですが。

「突き立てる」というからには「マットに対して垂直」を意味するのでしょうから、即ち「相手の背中から落とすバックドロップ等」は有効だと言うことになります。

退会済み

No.952 2014/12/09 13:21



プロレスリングノアは団体が出来る時に、当時最先端と言われた衝撃吸収素材を使ってリングマットを作っていました。生卵を叩きつけても割れない素材で靴底などに使われる素材です。これを使うと脳への加速損傷がゼロになり、脳にダメージが発生しないと言われました。結果的には、三沢選手が首の骨を折って死亡。脳への加速損傷とは別な形で死亡に至りました。

柔道事故のhpを見る限り加速損傷が問題になっているので、それだけの問題なら、ハイテク素材でリングを組めば解決できるように思います。

退会済み

No.950 2014/12/09 12:59



1213iron様

ガブりから帯を持って頭から落とす=パイルドライバー。

グラウンドの状態から道衣を掴んでバスター=ブレーンバスター。

角度によりますが90度だと危険だと思います。

「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」の著者増田さんが雑誌インタビューで、全国柔道被害者の会に触れてました。1206はその内容丸写しです。自分の意志でやる部活の事故よりも、義務教育内の事故に注目をされていました。社会的責任が後者の方が重いという話です。



退会済み

No.949 2014/12/09 12:56



>アニマルアキ様

着衣で行うコンバットサンボや空道、日本拳法では投げ技が頻繁に出るので、投げ技の重要性が高まるのは疑い無いでしょう。

しかし、上記の競技は全て危険な落とし方を禁止しているので、その気になれば~というのは確認できませんね。

アニマルAKI

No.948 2014/12/09 12:56



伊藤三世さん

確かに受け身ド素人のキックの選手とかには危険だと思うんですよ、その上、首もヒョロヒョロだったりしたら。そういう選手は危険な角度で投げなくても寝かしたら何も出来ないから倒して踏み付けて、脇腹蹴り捲ったら良いと思うんですが。でもトーナメントでレスリングvs柔道とか受け身のエキスパート同士の試合が組まれて投げ技に制限が有り捲りだと萎えてしまうし。

伊藤 三世

No.947 2014/12/09 12:54



こちらは同じく、ディスカバリーチャンネルのスポーツの科学というシリーズで、「衝撃力」の検証。パンチの威力の計測に、ランペイジ・ジャクソンが参加していますw

http://sportsxproject.jp/special/discovery_channel/ss01_01



ラグビータックルの最大の衝撃は地面に叩きつけられた時。



衝撃力最強はボディスラムという結論も面白いw

地面が硬かったらの想定なんでしょうけど。

伊藤 三世

No.946 2014/12/09 12:46



ディスカバリーチャンネルのスポーツの科学というシリーズで、急所と頭突きなどの反則行為に関するページがありました。

http://sportsxproject.jp/special/discovery_channel/ss01_05



これによると、頭蓋骨全体が耐えられる最大の衝撃は、およそ820キロで、コンクリートブロック8枚を割る「地上最強の頭突き男」と言われる人の頭突きが、ちょうど820キロの威力があったとの事。



面白いですね。

アニマルAKI

No.944 2014/12/09 12:33



プロ選手なんだから自分の技術不足で怪我する分には仕方ないと思うんですが、マッチメイクの時点であらゆる競技から武術、プロ興行にまで出て、幾多の試合も裁いてきた平さんとかに選手の技術面、体力面で、このマッチメイクは大丈夫か判断して貰うのが大事だと思う。その技術、体力が充分じゃない選手はトーナメントには参加不可。ワンマッチ専門。

退会済み

No.943 2014/12/09 12:30



プロレスだと、ヨシタツ選手が最近首の骨を二箇所折ました。スタイルズクラッシュで怪我しました。普通のプロレス技は背中から落ちるのでアゴを引いて背中を丸めて受け身を取ります。スタイルズクラッシュは腹から落ちる技で、受け身は背中を反ってアゴを上げなければいけません。通常の受け身と逆の動きが必要な技です。それをプロレスラーの習性で背中丸めて受け身を取ったら、マットに頭を打ったパターンで、受け身の習性がないと起きない事故でもあります。

スタイルズクラッシュ画像ですが、プロレス出なければ起きない事故かと思われます。

http://img.njpw.jp/mobile/show_news_icon.php?nosize=1&di=1&f=news/news_11558_7.jpg

退会済み

No.942 2014/12/09 12:26



>木棚環樹様

仮ルールだと、立っての投げ技でなくても、がぶりから帯を持って頭から落とす、グラウンドの状態から道衣を掴んでバスター、辺りが危険そうでしょうか。

あと、柔道死亡事故の内訳は殆ど部活動で、授業に依るものは少数派のように思います。

退会済み

No.939 2014/12/09 12:23



この三段論法で考えると、押し出し一回で試合数を増やしてセミプロみたいな試合を入れたら良いと思います。



1 空手を対象にオープンフィンガーグローブ着用、タックルされたら負け



2 柔道を対象に顔面への攻撃禁止



猪木さんの回顧録で「どうして異種格闘技戦を休止になったんですか?」と聞かれて「戦う相手がいなくなった」というのがありました。

猪木さんは次の日からプロレスをすれば良いですが、K-1とか巌流島さんみたいなイベントもそういうわけにはいかないので種まきも必要だと思います。

伊藤 三世

No.938 2014/12/09 12:23



<シュートポイントとは>

以下の条件を満たした前・後方への投技に対しレフェリーが「シュート」コールをした場合に与えられるポイントをいう。



・相手が自分の腰よりも高い位置を通過している

・相手の両足が完全にマットから離れている

・相手を背面からマットに落としている



但し、タックルに関しては、一旦相手の腰を自分の胸の位置まで抱え上げてからの投げでなければならない。

退会済み

No.936 2014/12/09 12:17



需要=ファンが見たいルール



供給=戦いたい選手



日本格闘技界の低迷は需要にばかり注目した事です。

UFCは逆にカレッジレスリングとかTUFとか戦う方にフォーカスしています。

見る方は飽きるけど、やる方は簡単にはやめられないという事です。

今の話題で言えば若いソフトボールの選手がいるのもその為です。

退会済み

No.935 2014/12/09 12:13



1198全国柔道事故被害者の会。彼らの主張の中に、日本よりフランスの方が柔道人口が多いのにフランスでは柔道の死亡事故が毎年ゼロだという話があります。問題点の一つは日本において柔道は中学の義務教育に取り入れられていて、運動音痴も軽度の身体障害者も全員参加の義務になっています。そこに柔道で実績のある熱血指導者が努力・根性を強制すると発育の遅い未成熟な中学生の脳に事故が起きる。事故の多くは打撃ではなく脳の揺れによって起きていて、揺れに弱い状態の時は、自ら後ろに倒れる軽い後ろ受け身の練習の地点で、めまいや吐き気などの症状が起きていて、無理して授業を続けた結果、事故になります。

アニマルAKI

No.934 2014/12/09 12:12



プロレスラーの一瞬で関節を極める事が出来ると言うのと柔道家のその気になれば、いつでも危険な角度で投げれると言う幻想は本当に出来るのかって部分があるんですよね。受け身が出来る例えば総合の選手に対して柔道家が本当に、ジャケットを着てたらそんなポンポン投げれるのか見てみたい。総合の試合ではジャケットがないから投げは殆ど出来ませんでしたが。

退会済み

No.933 2014/12/09 11:58



バックドロップのように、背骨と地面が平行になる投げはありだとして、ブレーンバスターのように、背骨と地面が垂直になる投げは危険だとして、頭が腰に対して30度ぐらい下になる投げはギリギリkoだけど意図的に60度を超える角度で投げるのは危険だから禁止。ぐらいでしょうか。頭突きもそうですが、意図的反則と、不故意の事故を別けて考える必要はあるでしょう。アマレスは頭突きが禁止ですが、不故意のバッティングはしょっちゅう起きていますし、反則になりません。

退会済み

No.932 2014/12/09 11:57



問題は伊藤さんが想定しているような投げがプロレス(双方の協力によって成り立つ試合)以外で出来るのか?あんこ型の力士2人出てきてパイルドライバー出せるかと言えば、無理だと思います。ただ、60キロ台で、柔道のように着衣があって持ちやすい場合、ブレーンバスターに近い技は出せるでしょう。エリ首をつかめるなら大外刈りでも相手を頭から落とすことは可能です。

アマレスやオイルレスリングの場合、もしくは総合でもオープンフィンガーじゃ無いグローブの場合、頭から落ちる落ちないは技をかける方の意図と無関係に偶然の要素が強くなると感じます。技を受ける側の技術の問題が大きくなるでしょう。

受け身(=両腕を広げて体全体でマットを叩く)が出来ない投げ、相手選手の両腕を塞いだ状態で投げるのを禁止。

退会済み

No.929 2014/12/09 11:26



伊藤さんとミノルさんだと、「頭から落とす投げ」の意味内容がかなり違うと思います。ミノルさんが禁止するなと言っているのはアマレスで使われているバックドロップ。直訳すると背中から落ちる技です。伊藤さんの言ってるのはパイルドライバーやブレーンバスター(直訳すると、脳味噌破壊)。伊藤さんが言われているプロレス技は、技をかけられる選手の協力があってできる物で、真剣勝負でこれらの技を出すのは、余程の体重差・力量差がないと無理ではないか?プロレスの場合、パイルドライバーは技を掛ける選手の膝にダメージがある技で、掛けられた選手の頭にダメージがあるのは掛けた選手のミスです。技を出した選手が責められて当然です。

伊藤 三世

No.927 2014/12/09 10:32



ヨシタツ選手は背骨ではなく首の骨ですね。頚椎というのが正しいかと思いますので訂正します。



ただ、あれは確かに選手側の受身の失敗によるものだと思いますし、ハヤブサ選手も相手の攻撃によっての事故ではないので、技をかけた側の問題とはニュアンスがずれていますが、とにかく頚椎に関わる攻撃は致命傷となりかねないのでルール設定は慎重に行った方が良いように思います。









退会済み

No.926 2014/12/09 09:41



プロレス(キャッチレスリング)・合気道・逮捕術等との異種格闘技戦に限り「立ち関節・立ち絞め・手の指関節攻撃・相手の頭や首をマットに突き立てるような攻撃は有効」の特別ルールで行ない、裏投げや裸絞め、逆落としの様な絞め投げや腕極め顔面蹴り等も有効にする。

これはキャッチレスリングの技術体系がスープレックスとサブミッションから成り立っている事に配慮した措置である。

このケースに限り5分3Rでラウンド毎にルールを変えた変則三本勝負も試験的に導入する。



消極的行為、武道精神に反する行為、自ら倒れこむ行為、逃げ回る行為、相手の怪我の原因になる様な行為、相手との戦いから逃げるような恣意的行為、怪我のふりをする・マウスピースを頻繁に落とす等を含む臆病な行為等は武道的観点で議論の余地あり。



合図はドラより法螺貝笛の方がいいかも。

伊藤 三世

No.925 2014/12/09 09:30



グラウンドの攻防が許されるプロレスでダウンカウントがあると、違和感を覚えます。



あれはブレイクになっても起き上がれない選手に対して、決着をつける為に行うものでしょうけれど。



例えば投げて膠着してブレイクになっても起き上がれない場合は、試合を止めるか、ダウンカウントを入れても良いかもしれませんが。それを利用して休む選手がいる可能性もあるので、やはり無い方が良いかも知れませんね。



水がなければ、場外へ落ちてから20カウント以内にリングへ戻れなければ負けにするとかね。

退会済み

No.924 2014/12/09 09:14



ブレイク中の相手や主審に保護されている相手を攻撃すること

開始の合図前や終了の合図後の攻撃、主審の指示を無視すること

八百長行為、凶器攻撃、セコンドの妨害行為



○有効技

上記以外のあらゆる打撃・投げ・タックル・寝技

頭突き、肘打ち、爪先蹴り、関節への打撃、空手の各種手技

蟹挟みを含む「5秒以内の瞬間的な極め投げ」(関節技はこれのみ認める)

グラウンド状態の相手の肩から下への蹴り技(膝蹴り・踏みつけを含む)

中腰からのパウンド、四点からのパウンド

腎臓の部分を狙ってかかとで蹴る行為(いわゆるガードポジションでの踵落とし)

「ヘッドロックをかけながら顔を殴る」「頭を持って床にガンガンぶつける」 も可



立ち技・寝技共に「5秒膠着ブレイクルール」を導入。

試合前のドクターチェックあり。合図はドラか和太鼓にする。

集団戦部門や女子部門も別に設ける。

退会済み

No.923 2014/12/09 09:12



試合は1名の主審と副審2名によって裁かれ、副審2名は投げ等での「旗判定」を即座に行なう。

最後の旗判定は、ダメージと攻勢点(一本を狙いに行く積極性)に重きを置く。

反則は程度によって一応3回までで「注意」「警告」「失格」とする。



○ポイント制、10カウントKO制&2ノックダウン制、ラウンド制、ランキング制

将来的には導入を検討する。



○反則技

目潰し・噛みつき・金的・髪掴み・喉掴み・鎖骨掴み・ひっかく・つねる・くすぐる行為

関節技&絞め技、手足の指関節攻撃

後頭部や脊椎への打撃及びパウンド

グラウンド時の鋭角に落とす肘

グラウンド状態の相手の頭部・顔面への蹴り技(膝蹴り・踏みつけも含む)

相手の頭や首をマットに突き立てるような攻撃

鼻腔・耳腔・口腔・肛門・裂傷した部分に指等を入れる行為

つばを吐きかける・舌で舐める・罵声を浴びせる行為

退会済み

No.922 2014/12/09 09:08



アンクルブーツ(格闘技ショップ・バーニングジャパンのもの)、ヘッドバンド、ファールカップ、マウスピースを必ず着用。それ以外は不可。

足裏の松ヤニ以外、体にはワセリンやオイル等何も塗布してはならない。



○試合時間

10分一本勝負、延長・再延長は共に5分ずつ、それでも決着が着かない場合は旗判定か引き分け。

2人共水に落ちた場合時間を止めてロスタイムを取る。



○階級制

当面は、ヘビー級(無差別級)、ライト級(75キロ以下級)の2階級とする。



○勝敗

押し出し1回(2人共落下は両者反則扱い)、投げ1本(頭や背中から勢いよく綺麗に投げ落とした場合。双手刈りも含む)、テクニカルノックアウト(TKO)、レフェリーストップ、ドクターストップ、タップアウト、口頭によるギブアップ、セコンドのタオル投入、打撃等による戦意喪失、反則負けで決する。

退会済み

No.921 2014/12/09 09:05



ここで議論の内容を反映させた「私案」を前のを削除して書きますと、



○試合場

床は吸水性に優れた珪藻土の性質を利用した改良畳。

その畳50畳を敷いて9.1m(10ヤード、30尺)四方の正方形を作り、その上を直径9.1mの外円と直径8mの内円(間に幅10cmの警戒ライン)を描いたキャンバスで覆う。

そのセットを温水プールの上に組み、四隅を鉄線入りロープで斜めに引っ張って水上に固定する。

水上に3Dホログラムで『鮫』か『火』を映し出す。

八方にライフセーバーを1人ずつ配置し、選手が水に落ちた場合直ちに救出する。



○服装

上は襟の分厚いV字ネックでサンボ着の生地の袖無しテコンドー着、下は帯をベルト状に通した吸水速乾性に優れた素材のハーフパンツ型道着ズボン。

上着は水に落ちた場合予備に着替える。

後は、手首・足首・肘・膝それぞれのサポーター、親指を通さない規定のOFG、

退会済み

No.919 2014/12/09 08:45



UFCが始まった時に日本人は真の他流試合と騒いでいたのに、アメリカでは「ダウンカウント無しのボクシングが始まった」と騒いでいた話を思い出しました。

UFCはボクシングとの差別化の為にケージ・ダウンカウント無しを採用した面もあると思います。

だったら今度はUFCとの差別化の為に土俵押し出し一本・ダウンカウント有りというのがアクション・リアクションの連続の歴史なのかなと思います。

退会済み

No.913 2014/12/09 08:12



それじゃ答えになってないですよ。

「相手の後ろに回った選手は何すりゃいいんですか?裸締めも裏投げも無しで」。



あと、これでは「キャッチレスラー」は攻め手を失います。

カール・ゴッチの作った技術体系は「スープレックス」と「サブミッション(立ち関節限定でも可)」で成り立ってるんですから。

公平な異種格闘技戦というコンセプトに反します。

伊藤 三世

No.911 2014/12/09 08:07



本心としては出来れば投げは規制したくないですけどね。



ただ、アニマルアキさんが言うようにレスラーや柔道家は日々の練習の中に基本的に受身の練習が組み込まれて、反射的に受身が取れるくらいまで体に刷り込んでいる訳で、かといってそのレベルまで受身が取れる人間しか上がれないとしたら上がれる選手の幅が狭まってしまう。



難しい所ですね。



柔道は下が畳ですが、背中から綺麗に落とす事によって勝敗が決まり、レスリングは下がマットだからまだ大丈夫なのかも知れない。

伊藤 三世

No.909 2014/12/09 07:47



Wミノルさん>

キックの選手も最低限の受け身は覚えるべきと言う意見は変わりませんが、自分が問題にしたいのは脳天から落とす様なつまり受身が取れない様な危険な投げの事を言っているんですよ。

武術や格闘技にはそうした禁じ手言われるような、危険な投げが存在するのでは

無いですか。そこは番組などに来る専門の人たちに確認してもらえば良いのですが、

そういうものがあると、聞くことがありますので。

偶発的に起こってしまうのは最悪仕方ないとして、そういったものを意図的に出す事が是可か否かという話で。



選手のモラルを信じるならあえてルール化する必要はないのかも知れませんけど。

退会済み

No.908 2014/12/09 05:40



No1113投げと押し出しと打撃のバランスをどう付けるのか?

土俵じゃなくて、2mぐらいの壁、マットと同じ素材で囲ってしまえば、

壁に相手選手の頭を押し付けて殴る壁パウンド=押し出し、相手選手を投げて床に倒して殴るパウンド=投げ、相手選手の後頭部をつかんで首相撲で殴るパウンド=ムエタイ、相手選手のエリ首つかんで殴る柔道パウンド、全部最終的にkoすれば勝ちですからシンプルになります。

退会済み

No.903 2014/12/09 03:03



下がコンクリなら決まる投げ技が一本無し、バックドロップなど最も実戦的な頭から落とす技が禁止(ヨシタツは背骨でなく首の細い骨2本です。はっきり言ってシュートボクシング以下)、安全性のダウンカウント無し、実戦で言えば追い打ちでそこで決まる空撃が無し・・・ですか。

どんどん歪になってくな。

はっきり言って何の為のルールか理解出来ない。

アニマルAKI

No.902 2014/12/09 02:29



柔道やレスリングの場合は投げに規制が無くても、互いに受け身を知ってるから、そんな大怪我はほぼ無い訳ですよね。頭から落とされたら顎も引かずに、そのまま頭からヘンな姿勢で落ちて行く様な最低限の受け身が出来ない選手は投げを得意とする選手とはマッチメイクしないとか。いや、出すべきじゃないか。でも、何か怪しげな胡散臭い格闘技の選手も見たいよな、そういう選手は心優しい勝っても負けても試合を盛り上げる門番的な選手とまずやらせるべきかな。

アニマルAKI

No.899 2014/12/09 01:52



寸止め競技じゃプロ興行として人気は出ないと思うんですよ。プロレスは勿論、昔、ランデルマンがヒョードルを垂直落下に頭から落としたのもヒョードルなら大丈夫と信頼があったからやったんだと思います。他の選手にも出来るとしてもやらないでしょ、それこそ殺し合いじゃないんだから後味が悪過ぎる、投げる方が。その為に投げを重視じゃなく、その後の追撃を重視すべきだと思うんです。

伊藤 三世

No.898 2014/12/09 01:48



自分で提案しておきながらなんですが、やはりKOによるダウンカウントは無い方が良いですね。



絶好の仕留めるチャンスなのにと言うのは、MMAとK-1を両方観ながら、Kに対して感じていた事なので、カウントが入ればまた同じ様に思うでしょう。

谷川貞治

No.897 2014/12/09 01:34



No.1118 アニマルさん、ありがとうございます。個人的な思いですが、この議論を通して、僕は僕の次の世代のプロデューサーを見つけたいし、育てたいと思っています。巌流島は僕じゃないプロデューサーが必要です。そうならないと、本当に次の時代の格闘技にはならない気がします。そんな感じの思いを含めて、皆さん、宜しくお願いします!!

伊藤 三世

No.896 2014/12/09 01:24



コンテンツとしての継続性を望むのであれば、頭から落とす投げはむしろ減点対象、それによって相手が戦闘不能になった場合は反則負けでも良いのでは。



殺し合いや決闘を望むのであれば、起き上がれない方が負けでも良いと思いますし、格闘技ファンとしては後者の方が見てみたいと思いますが、やはりTVやコンテンツ性を考えると前者にするしか無いのかなと思います。



前にも書きましたが一人でも身体の付随を引き起こすような大怪我や死者が出れば、その時点でコンテンツ自体が消滅するという事も念頭に置かなくてはと思うのです。

伊藤 三世

No.895 2014/12/09 01:18



プロレスの様な首から落とすような投げは下が畳であるならば、危険なので禁止にすべきかと。



レスラーは毎日受身を繰り返し行った上で、きわどい落とし方にも何とか受け身を取ってみせる。



一歩間違えれば、例えば最近では新日本プロレスでAJスタイルズのスタイルズクラッシュという技の受身に失敗したヨシタツ選手は背骨を骨折しまして欠場となりました。



もっと振り返ればハヤブサ選手などは首から落ちて首から上以外は不随になりました。



三沢選手も垂直落下系の投げの受身を繰り返したことで首のダメージが蓄積し、それが死因といっても過言ではないかと思います。



WWEでもパイルドライバーは禁止技となっています。

伊藤 三世

No.894 2014/12/09 01:01



リング内での投げはポイントなしで、リング外への投げや、押し出し、打撃による場外など、技あり的な場外はポイントにする。



もつれからの同体やバランスを崩してのスリップ的な場外はポイントなし。



しかし相手の攻撃の回避を目的とする消極的姿勢からの場外は減点対象に。

アニマルAKI

No.893 2014/12/08 23:40



市街地の喧嘩を想定じゃ単なる安全な喧嘩ごっこですよと思うが、あくまで私の意見に過ぎない。まぁここで色んな意見が出て、それを委員会の人が見て、面白いと思ったのが実現化していくんだろうし、多様な意見を否定してはいけないですね、はい。無理に意見をまとめる必要は皆無でそれぞれが面白いと思う事を言えば良い。

アニマルAKI

No.890 2014/12/08 23:31



私が考えてるのは市街地の喧嘩の想定じゃなく、巌流島に世界中の武術の達人が集まって来て、出来るだけ判定決着にならずKO決着で決まる観客論のある面白い戦いの場にする事。アマチュアとか長い目での競技化なんて二の次、三の次。数字が悪かったり、面白くない、一般には受けないと思われたら直ぐに打ち切られて企画終了なんだから。安全面は当然大事、でも最低限、PやKよりは過激な競技でないといけない。

退会済み

No.889 2014/12/08 23:22



色々な条件をパッチワークでつなぎ合わせてもコンセプトの分からないものになって一般層には何のアピールにもならないので、仮ルール+投げ・押し出し一本+立ち関節+3分×3R制のストリートファイト最強決定戦をコンセプトにして欲しいです。

退会済み

No.888 2014/12/08 23:17



組み技系VS相撲の場合



ここで押し出し一回というのが逆ハンデになると思います。

苦労して試合場の外に投げても一回では意味が無いという。

あと昨日の今日なので七戸選手がグランドスラムで負けた腕ひしぎとかを見ると関節技も有りかなと思ってしまいました。



レスリングは昔研究の結果130Kg以上の人間は動けないというデータを出したので、そこら辺がどうか見たいですね。

ただ今のフリースタイルの上限は135kgですけど。

退会済み

No.886 2014/12/08 23:13



>肘はサポーターを付けることでゴールデンもOKにならないだろうか。



リングス系がやっていますが、どうも良いのができないみたいです。

昔ZSTの試合でサポーター付けた選手が必死に肘打ちしているので、ついに完成したのかと思ったら、解説していた選手が「反則ですけどね」と言ってました。

退会済み

No.885 2014/12/08 23:11



打撃系VS相撲の場合



1 ぶちかましにフックが合わせやすい



2 突っ張りが効かない



力士が打撃系の選手について組み付くというのはかなり難しい話です。

それなのに場外に出すのを後3回もやるという事はかなり至難の技です。

速筋型でスタミナも無いでしょうし。

そうなると試合場の真ん中で押さえつける浴びせ相撲柔道が生まれるでしょう。

調べ始めたばかりですが鎧組討の時代に戻るかもしれません。

伊藤 三世

No.879 2014/12/08 22:57



ある程度絞り込んだルールの中で、複数案ルールをチョイスして、別々のルールで試合をやってみる。



そして、そこから問題提起を生み、議論を重ねてまた試す。



そうして毎回ルールは変化して行くのがファイトラボ「巌流島」。



で良いと思うんですよね。









谷川貞治

No.878 2014/12/08 22:54



倉本先生のインタビューもとても考えさせられると思います。武術って、奥が深いし、難しいですね。皆さん、参考にしてください。ちなみに昨日、倉本先生主催の年末・演武会があったんですが、なんと倉本塾の方がヤシの実を手刀で連続で三つも割ったとか(史上初)。また、道路の横にあるコンクリート(なんていうのか分かりません)を手刀で割った人も出たとか。倉本先生からすれば、試し割りは初歩かもしれませんが、それにしても確実に骨が砕けるってことですよね。恐ろしい。

退会済み

No.877 2014/12/08 22:51



投げは頭や首だけでなく、背中から落ちても息が詰まって立てなく

なりますからね。

もちろん「綺麗に勢いよく決まった場合」ですが。

そこは副審2名にコンクリを想定して立てるか否かを旗判定してもらって。

大外刈りなんか強烈だと思いますよ。

谷川貞治

No.876 2014/12/08 22:48



『SANDO」いかがですか? 最初、僕も見た時「なんだこりゃ」というイメージでしたが、よく見ると勉強になるところもいっぱいありました。3人同時に闘うとどうなるかっていうのを、初めて見た。スポーツとしてはないですけどね。皆さんも参考にしてください。

退会済み

No.874 2014/12/08 22:31



ポイントゲーム、減量ゲームになるのが一番良くないですからざっくりとした分け方でいいです。



あと、投げ技一本は下がコンクリやアスファルトである実戦性を考えるとやはり導入すべきですよ。



それから、ダウンカウントについて無しでもいいではないかという意見に関してはこれは確かに議論すべき問題かと思います。





伊藤 三世

No.872 2014/12/08 21:48



シングルがあって、タッグがあって、バトルロワイヤルがあって、ジュニアとヘビーがあってと、プロレス的な構成になって行けば、組み合わせ次第で興業がバラエティに富んだアングルが作れますよね。



毎回議論によってルールも変化して行って、となれば興味が尽きない。

退会済み

No.865 2014/12/08 21:16



三本勝負という案も出ましたがこれは興味深いですね。

ある人がこんなこと書いてたの思い出しました。



「昔のプロレスの三本勝負は、ルール上の問題があったから三本だった。

キャッチレスリングルールのチャンピオンとカラー&エルボースタイルのチャンピオンが闘う時にキャッチルールで一試合、グレコローマンルールで一試合、カラー&エルボールールで一試合の合計三本勝負てのをやった。

WWEのシナVSライバックでも三本勝負は、三試合ともルール(目先)を変える。

諏訪魔が三本勝負するなら、柔道ルール・相撲ルール・プロレスルールの三本勝負でどうだ。もしくは、純プロ・ルチャ・デスマッチでも良いが。

カラー・アンド・エルボー・スタイルとはジャケットを着用し、カラー(襟)とエルボー(肘)を捕らえた姿勢から、試合を始めるもの。イメージとしては柔道に近い」

アニマルAKI

No.862 2014/12/08 20:56



かって伝説の剣豪、宮本武蔵と佐々木小次郎が最強の名を賭け決闘をした地、巌流島が現在に蘇る。世界に限りなく格闘技、ルールはあれど求めるは己の力の証明だ。今、世界中の格闘家、武術家、武道家が最強の名を求めその地に集結して来た!!的なコンセプトの番組になって欲しい。

退会済み

No.861 2014/12/08 18:43



SANDOって面白いですね。

以前議論もあった多数対多数でなく三人ってのもイイですね。

それ以上に試合場に起伏があるのが面白い。三角蹴りみたいな動きや、押し込むだけで足を取られてテイクダウン、傾斜を利用してのエスケープ等今までにない展開があるかもしれませんね。

退会済み

No.858 2014/12/08 14:54



落ちたら○○という点が非常に難しい感じがする、どの方式にしてもメリットデメリットがありそうで判断が難しい。

いっそのこと、全部金網で囲ってしまった方がすっきりしそうだ。

そのうえで相撲の押しがどういう風に威力を見せるのか、身柄うな選手がどう戦うのか見てみたい。

金網も天井を付けてぶら下がれるくらいだと戦いが立体的で面白そうだな。

谷川貞治

No.857 2014/12/08 14:54



アニマルさん、個人的には賛成です。あと、1109で誤植です。「転職」ではなく、「天職」です。また、「やって」と繰り返しになってしまい、お見苦しくてすみません。老眼で。しかし、本当に事務局では、お手伝いしてくれる方を募集しようなんて意見も出ています。

アニマルAKI

No.856 2014/12/08 14:46



巌流島って大会名からして崖から落ちるというより砂浜から海辺に突き飛ばすって方がコンセプトとしては合ってる様に思う。海に何回投げられても問題なし。単に濡れ鼠のまま戦う心理的屈辱、戦い難さの問題だけでも良いと思う。ダウンカウントはナンセンスじゃないかな。ダウンした時こそ一番攻めるチャンスだし、10カウント以内に立ったからって脳のダメージが回復する訳でもなし。危険だと思ったらダウンカウントじゃなくレフェリーストップにすべきだし。巌流島の戦いで投げが決まったからポイントが付きますってのも違うと思う。投げる事より投げてダウンした相手に有効打を入れて試合を決める事が本筋だろうと思う。ダウンしたら刀で斬られる位の覚悟でやって欲しいし、投げたからポイントで俺の勝ちじゃ巌流島じゃない気がする。

谷川貞治

No.855 2014/12/08 14:05



しかし、ポイント制は作るのが、本当に難しいです。打撃と投げと押し出しと、その他いろんな要素が入った技にどう差をつけるか? そもそもレスリングもフォールを奪い合う競技だったし、柔道も「一本」を取ることを目的とした競技でした。しかし、やっていくうちに実力が拮抗したり、競技の闘いに慣れてディフェンスが進化していきます。そこで、「惜しい技」にどんどんポイントが付くようになりました。柔道で言えば、技有り、有効、効果だったり、レスリングで言えば点数の差を付けたり……。したがって、ポイントをつける前に、まず巌流島のルールでやってみないと、何がいいのか分からないかもしれません。

谷川貞治

No.854 2014/12/08 13:58



もうひとつの問題は「投げ技」をどうとるかです。これもプロレスのような頭から落とす投げ技は、説得力があります。というか、一番危険な攻撃でしょう。しかし、柔道のような「背中から落ちる」投げ技をどうとるか? 簡単に言ってしまうと、ポイント制にするか、それとも「パウンド有り」だから、ポイント制にしなくてもいいのでは? という議論です。畳やマットでやる以上、その判定をどうとるかは難しいでしょうね。

谷川貞治

No.853 2014/12/08 13:54



次に「勝敗の決め方」「何を反則にするか?」という議論が進んでいますが、まず「勝敗の決め方」をそろそろまとめなければなりません。勝敗の決め方については、これまでのプロ格闘技を見ると、KOかギブアップがほとんどです。これは、素人の方が見ても大変説得力がある。しかし、今回は「公平な異種格闘技戦」をめざして、二つのことを仮ルールで考えました。一つは、「押し出す行為」。これは相撲とりにとって、公平だとか、実戦的に押し出す行為は重要だという議論から生まれたものですが、「落ちたら負け」という攻防は説得力にかけたり、全て相撲の攻防になるんじゃないかという問題が浮かび上がりました。そこで、試合時間を短くするとか、水に落ちれば説得力があるだろうという意見になったと思います。では、回数と試合時間をこの観点に立って考えなければなりません。

谷川貞治

No.852 2014/12/08 13:46



舞台についても同じです。皆さんのご意見を元に、業者の方に四角形の舞台、円形の舞台、水を張った場合、それぞれの問題点を洗い出し、予算的にも可能なのかどうか、実行委員会の方で検証してみることにします。デザインに関しては、伊藤三世さんのアイディアがとても参考になります。機能性に関しては、皆さんの意見を作り手に相談してみます。2・28実験大会が最終形ではないですが、とりあえず具体的に進めないといけない段階なので、皆さんにご報告します。

谷川貞治

No.851 2014/12/08 13:40



しばらく投稿していなかったら、あっという間に投稿が1000を超えていました。皆さん、熱いですね。我々、格闘技のプロモーターを経験したものからすれば、ここまで真剣、かつ熱い議論してもっとやらなければいけなかったと反省しきりです。中には、本当に格闘技プロデューサーが転職のような発想の人もいて、改めてやってやってみた価値はありましたね。まず、ここらで順番に整理してみます。まず、「何を身につけて闘うか?」。これは、皆さんのご意見を業者の人に相談してみます。デザインを投稿してくれる伊藤三世さん、ぜひ協力してください。

退会済み

No.850 2014/12/08 12:55



今書いているのは押し出し3回でも力士は強いという事です。

真ん中で倒せば良いからです。

詳しくは間違っているかもしれませんが、ヤフー知恵袋で相撲ファンの人が書かれるには相撲で寄り倒しが多いのは体格差が無いからで、体格差がかなりあると浴びせ倒しをする確率が高くなるそうです。

退会済み

No.849 2014/12/08 12:35



少なくとも、押し出し一回で勝ちでは相撲が強すぎる、というのは実行委員会の実験で確認されているのでは?

着衣を掴んで良いルールとそうでないルールではあまり比較ができない話だと思いますよ。



押し出し三回が不公平と言うなら、剣道のような三本勝負でも良いかも知れませんね。

打撃でKOか、それに準じる状態に持ち込む事と、押し出しを同程度の難易度として良いかは疑問が有りますが。

退会済み

No.847 2014/12/08 11:39



>メタモさん



そうじゃなくて2007の大晦日にボブ・サップがその問題をすでに解決しているという事です。

動画のリンクは貼れないように思うのでお手数ですが検索していただいて確認してください。

その2年前に曙戦で曙選手に追いかけさせてスタミナ切れして勝った試合を見たサップが掴んで、リング中央に押さえつけて馬乗りになって勝ちました。

つまり押し出し3回ルールだと大きい選手は追いかけて押し出すのでは無く、捕まえて中央に連れて行く事しか考えなくなるでしょう。

でも1回ならもしかしたら試合場から落としただけで試合が終わる可能性が出て来て、その分安全になります。

退会済み

No.844 2014/12/08 00:51



>のうがきやさん



なるほど~

「自分から落ちる」という問題ですか。

すると結局「落ちる」に減点なりポイント振る必要が出そうですね

ポイント無しで行くなら『押し出し一回』で決着と。



でも押し出しはカタルシス少なめのような気もしますし

世間の格闘技のイメージと離れてくる気もします

結局なんらかのポイント制にはなりそうな。

アニマルAKI

No.843 2014/12/07 22:55



アグレッシブでない選手にはイエローカード(ジャッジにこんな奴は判定なら負けでいいからアピール)で良いと思う。カウンター待ちで自分から踏み込んで行かない選手、相手が動いて隙が出るのをずっと待つ選手には即イエローカードを提示したい位だが、それじゃ攻防の間合いが無くなり過ぎそうだし、その選手、バックボーンの競技のペースもあるので達人的な雰囲気も無く単に塩っぱい判定狙いの選手はマッチメイクで冷遇すればいい。

アニマルAKI

No.841 2014/12/07 20:37



Kの人気の秘訣はそれまで日本では痩せた小柄な日本人が12R掛かって判定の試合が殆どだったボクシングに比べて見た目の良いヘビー級の選手が僅か3Rで豪快な殴り合い、蹴り合いをしてKO勝負する単純さ、解り易さだったと思うし。PRIDEはより過激な何でもありのルールにして色んなジャンルの選手が出て来る攻防の多様さ、バイオレンスさだったと思う。まぁ両方とも成熟するにつれ、その魅力は消えて行ったけど。それ以上の解り易さ、過激さ、格好良さがないと一般には全く興味すら持たれずに消えて行くと思う。ルールを全く知らない人が見ても面白い位でないと。視聴者を教育するとか判定が解らないファンは駄目だとか、レフェリーが攻防を即すのはおかしいとかの殿様商売は駄目。

退会済み

No.839 2014/12/07 20:10



ルールについては、あくまでもフジテレビの地上波の格闘技中継を復興させるために必要なルールを作らなけれ意味がない

実際に採用されるのは、ファンのためのルールではなく、フジテレビのためのルールである事は既に決定されている事です

ユルキャラが実際に参加してボクサーにアウトボックスさせずに勝てるような娯楽色溢れるルールが視聴率を稼ぐのに必要とされるでしょう

退会済み

No.838 2014/12/07 20:04



はじめまして初投稿ですがこれからよろしくお願いします



私見ですが巌流島はまずフジテレビ有りきのコンテンツであるという観点からコンセプトを決定する必要が不可欠なのではないでしょうか

まず、村田等のタレントを擁するフジのボクシング中継を完全に凌駕する番組が成立可能なルールが作成出来なければ格闘技の復興もあり得ないと思います

また脚の速いボクサーがサークリングしてアウトボックスして判定勝ち可能なルールにしてしまうと、実際にそれをボクサーにやり遂げられてしまうと逆に格闘技は復興どころか衰退してしまうと思うのですが、どうでしょう

伊藤 三世

No.833 2014/12/07 14:43



No.1083 アニマルアキさん>

ショートタイツのチラリズムですか!さすがアニマルアキさんの発想はひと味違いますねw 



利休鼠色OFGも見た事ないですね。

選手ごとに色を変えたら個性が出ます。



あとサンボ着の地味さデザインしだいで何とかなると思うのですが、大事なのは巌流島のイメージに合わないという点で、『巌流島』というコンテンツなのだから着物型で良いじゃないか、という気がしてます。



帯はベルト型に通す形で良いと思います。

退会済み

No.825 2014/12/07 08:16



「襟の分厚いV字ネックのテコンドー着(素材はサンボ着)、

帯をベルト風に通したハーフパンツ型道着ズボン(素材は吸水速乾性に優れたもの)」。



ISAMIが「技術的に無理」だと言うならバーニングジャパンと共同開発しましょう。

伊藤 三世

No.820 2014/12/07 07:40



サンボ着をテコンドー型にするのは技術的に難しいという事で。



テコンドー着については記事では直接触れられていませんでしたが、ドラゴンボールのような上着というのがテコンドー着の事を指しているのではないかと。つまりその形では、襟が掴めないという結論ですね。



襟の深いテコンドー着が理想的なのですが・・。

テコンドー着の厚さはどうだったのでしょう。空手着と同じで薄すぎたのでしょうか。

伊藤 三世

No.816 2014/12/07 07:16



実践性を重要視するなら、各選手に私服で来てもらって戦えば良いですね。



異種格闘技とは言え世界観は、オリエンタルな武道的イメージの舞台だと思いますので、その世界観をどこまで重要視するのかにもよるもかもしれません。



機能性も重要ですが、コンテンツとしての世界観や見た目も重要ですし。

伊藤 三世

No.814 2014/12/07 07:02



昔は着物の人が大半だったと思いますので、柔道も元々は実践を想定して襟と袖を使った技術として確立されて来たものだとは思います。



そう考えれば、現代では現代の服装に合わせた技術として着から見直すという発想は良いと思います。



ただ「上から被るタイプが基本」としてしまうのも、現代の服装の多様性からすると偏りのある見方のような気もしますし。

伊藤 三世

No.809 2014/12/07 05:51



ズボンにベルトがないと釣り上げられないという事ですが、柔道家にとっても、実質的には着の袖が無い訳ですよね。



最優先事項としてある「公平な異種格闘技戦」という観点からすると、襟が緩い上に袖もないという事になると、柔道がやや不公平な感じはします。

退会済み

No.806 2014/12/07 04:51



しかし、谷川氏の話では「上から被るタイプの服では襟が掴めない」とのことですが、そうなると逆に「柔道の実戦性の無さ」が問題になってきますね。

不良が着そうな服は上から被るタイプが基本ですし、冬でもこれだけ日本でも寒くなるとパーカーとかでもみんな前をはだけずチャックを閉めています。

それなのに「襟が掴めない」。。話になりません。

襟だけ分厚くするのも技術的に難しいと谷川氏は書いていますし。

退会済み

No.804 2014/12/07 04:13



そもそも、金的OKなのが評価できません。これまで、色んなエンターテイメントとしての格闘技イベントがありましたが、故意かは別として金的への攻撃は、試合が一時中断してテンポが悪くなるし、何より選手の今後の健康が危ぶまれるのではないですか?かつて、2007年8月5日、K-1 WORLD GP 2007 IN HONG KONG ASIA GPの1回戦でパク・ヨンス vs 武蔵のファイトにて、武蔵選手が連続で金的攻撃を受けて悶絶した試合は、かなり心配したものです。金的攻撃が日常的になると、漫画の様に股を強力に蹴り上げる事例もあるでしょう。格闘専門でないスポーツ選手も参加する中での試合と思うと、避けれない場合は、致命傷になる事は必至です!!タニカワさん、再考・検証願います。

退会済み

No.803 2014/12/06 23:53



議論が進んでる!でも私はマイペースに…

格闘技に怪我は避けて通れませんができる範囲での怪我防止策は必要でしょうね。長期的な継続参戦もして欲しいし、巌流島で怪我して自分自身のバックボーンでの競技に支障が出てその競技協会から待ったがかかるようではいけません。

伊藤 三世

No.800 2014/12/06 21:10



KID選手など、靭帯の損傷で長期欠場や選手生命に関わるような要因になり得ますから。

http://tiryo.net/jintai.html



靭帯損傷で欠場する選手は多いですよね。



桜庭選手もテーピングでガチガチに固めてましたし、選手生命を考慮するなら予めサポーター着用を義務付けるのは良いことかもしれません。

伊藤 三世

No.798 2014/12/06 20:44



木棚さんの言うように、サポーターを付けるのであれば、その意味が問われますね。



よくよく考えると、場外は少し高いところに在る訳で、落ちた時に靭帯や関節部を痛める可能性は高い気もします。



コンテンツとして選手を長期的に育てて行く視点があるのであれば、靭帯や関節部の保護として義務付けるのは良い事かも知れません。

退会済み

No.796 2014/12/06 20:07



足首サポーターは「捻挫防止用」ですかね。

やはり一番怖いのが「靱帯損傷」ですし、

断裂でもしようものなら、その選手のバックボーンでの格闘技人生を左右してしまいます。

実戦性が保障される中なら選手の安全も優先させねばなりませんからね。

退会済み

No.795 2014/12/06 20:07



k-1のどうがをみると素足、サポーター、テーピング、シューズとバラバラですね。統一する必要が無いのかも知れません。

怪我してない状態のサポーターは滑り止め目的がメインかと思います。素足の相撲よりもはグリップが効きます。素足で滑り止めの松ヤニを足の裏に塗って良いのかとか、つかまれないよう体にオイルを塗って良いのかとか、道着によく滑る柔軟剤を振りかけて良いのかとか。秋山桜庭戦のような話に興味があります。

退会済み

No.794 2014/12/06 19:52



格闘技にポイントを付けた方が一般層に分かりやすいという話に対して極力無い方が分かりやすいという話です。

そう考えるとどっちでもよくなった押し出し問題ですが、投げ・押し出し一本、3分×3R制後仮ルールで良いかもしれません。

それと推してる柔道家は当然井上康生さんです。

退会済み

No.793 2014/12/06 19:40



どういう服がカッコ良いのか?でなく、何目的のアンクルサポーターか?をどうしても考えてしまうし「アンクルサポーター 効果」で検索してしまいます。捻挫した時の補強で医療目的のアンクルサポーターがあって、個々の症状に合わせたテーピングと、テーピングの専門医がいない状況でのサポーターの2択があります。また、バスケチームによっては、捻挫予防用にテーピングかサポーターの着用を義務付けていたりもします。ボクシンググローブのように、骨折回避目的のサポーターなのか、捻挫治療用なのか、装飾なのかで、選び方は変わるでしょう。

退会済み

No.790 2014/12/06 18:45



https://m.youtube.com/watch?v=3fqhOxIFZSc

930エルメス・フランカ。ブラジリアントップチーム出身の柔術家。

正直に言えば、979と982ののうがきやさんの書き込みが理解できない。柔道の話なのかアマレスの話なのかMMAの話なのかTVバラエティで芸人対女子格闘家をやった話なのかが、分からない。

カレリンが見た競技、女子が活躍した競技、柔道に近いレギュレーションの競技が、上記4つのどれなのかが分からない。

退会済み

No.788 2014/12/06 14:46



ボビーVS曙とボビーVSサップの違いだと思えばイメージしやすいと思います。

前者はボビーに「寄り倒し」のような事をさせて体力を奪いスタミナ切れを起こして勝ちましたし、逆にボビーはリング中央で「浴びせ倒し」てサップが勝ちました。

組み技系の選手はサップの方を選んだ方が良いでしょう。

退会済み

No.786 2014/12/06 10:22



そもそも150kg以上ある力士が参戦したとして、追い掛けて行って落とすというのはありえない展開でした。

組み技系は真ん中で待って、グレイシー以上のやり方で打撃をかいくぐって、掴んで投げて、一本じゃなければパウンドを狙う方法が一番合理的だと思います。

退会済み

No.785 2014/12/06 10:20



ヘッドバンド、アームバンド、ショルダーバンド、ネックバンドは装飾的な余計な要素だとしても、他の「関節サポーター」はどうしますか?

OFGと肘サポーターは着用義務づけ。これは皆さんOKでしょう。

リストバンドも柔道の袖掴みを考慮すると一応機能的かと思いますし、「手首まで覆うOFG」という考え方もあるでしょう。

膝サポーターや足首サポーターの問題もあります。

腰はベルト代わりに「ハーフパンツに帯」だけで十分でしょう。

シューズが不可なら、レガースを短く改良して「足指版OFG」で足指を固定する新たな発想も出て来ますね。



退会済み

No.784 2014/12/06 09:57



>iron様



ハーフパンツ型道着ズボンは十分機能的だと思いますよ。



①裾を掴まれず膠着が少なくなる

②廻しやベルト代わりに帯を通せる(スパッツでは素材的に無理)

③膝まであればハミチンの心配も無い

④今の子はこういうのよく穿いてる(ベルト同様一般的な服の構造)

⑤水に落ちても不快感が少ない(ロングパンツ型に比べて)



「水に落ちる」というのは、市街地では考えられない、あくまでコンテンツとして面白味を出す為の要素なので、水による試合への影響は最小限にとどめた方がいいです。

武林大会に存在さえ無ければ本来場外は「厚手のクッション」で十分なんですから。



退会済み

No.783 2014/12/06 09:43



>押し出し二回までは自分から落ちるかも、との事ですが、どうでしょうか。



あくまで対力士の場合の話です。

ただそもそも力士は土俵際まで追いかけなくても、中央で待ってば良いんです。

「真ん中でやろう」と何らかの形でアピールすれば、観客はそっちを支持するでしょう。

今までは打撃系がどうやって勝つかを考えていましたが、これからは組み技系がどう勝つかで書いていきたいと思います。

組み技系は相撲で言う「寄り倒し」じゃなく、「浴びせ倒し」を狙えばば良いように思います。

退会済み

No.782 2014/12/06 08:43



>Wミノル様

半ズボン道衣ですが、いくらコンデ・コマや嘉納治五郎のイメージといっても、当の嘉納治五郎が機能的で無いし不体裁、と丈を長くしたのに、また戻すのはどうかと…



>のうがきや様

押し出し二回までは自分から落ちるかも、との事ですが、どうでしょうか。

判定の基準にもよりますが、例えば打撃格闘技で3回のダウンでTKOだからといって、わざと効いた振りをして倒れる選手が居るものでしょうか?

消極性といい、かなり自分を不利に追い込む行為だとおもうのですが…

退会済み

No.781 2014/12/06 08:41



そもそも押し出し有りというのは試合場の真ん中で戦う事を前提で考えるべきでした。

一回にして無駄な怪我をしない方が良いのか、三回で中央に持ってきて無駄に怪我をした方が良いのかという話です。

三回の方が試合時間が伸びるという理屈は崩壊しました。

退会済み

No.780 2014/12/06 08:35



テレビ放映が前提で流血は避けたいでしょうし、シューズは難しいでしょうね。

サバットのシューズは結構固そうですが、カットとか頻繁に起きたりしないんですかね?



>伊藤三世様

レガースは防具ですので、蹴りの威力は落ちます。もちろん厚み等にもよりますが、アマチュア修斗で使うシンガード位なら、動きも然程邪魔にならないですし、良いかも知れません。

忍者スタイルで行くなら脚絆と言い張ればそれっぽいかも(笑)

退会済み

No.778 2014/12/06 01:28



>1003、伊藤三世様

そうなんですよね。

あと、シュートボクシングと違って寝技の動き易さも考慮しないといけないですし。

ですが、私が拘りたいのはむしろ「足指が固定されるか否か」なんですよね。

私は「シューズの問題」は「爪先蹴りを認めるか否か」の話だと思ってます。

実戦では立ち技でも寝技でも爪先蹴りが容赦なく降ってくるでしょう。

そこを回避出来るかどうかも重要な要素だと思っているので。

退会済み

No.777 2014/12/06 01:20



押し出し3回がダメ理由



1 アウトボクシングして、押し出されそうになったら自分から落ちるが2回まで許され、力士のスタミナを削るのは世間にセコイ競技だと思われるから



2 フックを合わせればテコの原理で簡単に倒せるのにそれができないレベルの選手が1tと言われる相撲の立ち会いを3度も受けられないから



3 そもそも力士が3回押し出す必要が無いから。捕まえたら真ん中の方に体重を乗せて投げれば良い。それで投げ一本にならなければパウンドをすれば良い、下からの関節技が無いので安心して打てる

退会済み

No.773 2014/12/05 22:47



谷川氏によるとカンフーシューズは無理とのことですが、「サバットシューズ」か「レガース」か「日本の足袋」でも無理なんでしょうか?

まあ水に入ることを考えればやはり無理ですかね。



ボトムスは「半ズボンタイプの道着ズボンで、帯をベルト代わりに固定できるもの」がいいと思います。

半ズボン道着は「コンデ・コマや嘉納治五郎」のイメージですね。



退会済み

No.772 2014/12/05 22:46



『ポイントなし』『勝負の姿勢』などで判定する場合、



●審判員は多方面からなるべく多く(利害の分散)

●抽選で当たったファンなども参加(観客論的な)



○審判団が10人なら、2~3人ファンも参加

○審判3人+抽選席ファン10人

など、うまく業界的な利害を分散させて欲しいです。



それが新しい『観客論』などが育つ土壌にでもなれば

低迷後の格闘技界において、新しい世界観にも感じます



『しがらみ判定撲滅!』

『新たな観客論・プロ論を!』

退会済み

No.771 2014/12/05 22:17



10分1本勝負を押してはいるものの、

No.685での伊藤三世さんの場外が多くなるという情報も気になりました



その場合、5分2ラウンド、

1ラウンドにつき3回落ちたら負け、などもありかもしれません

次のラウンドでは回数リセットされるとします。



K1でもあった、一つのラウンド中に3回ダウンしたら負け、

みたいなものですね。

退会済み

No.767 2014/12/05 19:17



皆さんの意見を聞いていて

「ツナギも悪くないなー」とか

「忍者スタイル、野袴って外人に受けそうー」とか

「リストバンドとか手首まで覆うOFGも柔道的にいいなー」とか思いました。



私はアーツの入場コスチュームの「ベスト」、いわゆる「木こりファッション」がいいと思います。

http://magazine.campus-web.jp/archives/52227

これでは評判良くないですがあくまで機能性重視で。

これであとベルトを金属じゃないものに工夫してくれればいうことないです。

やはり廻しは欲しいです。

退会済み

No.765 2014/12/05 18:08



格闘技が上半身裸なのは、服の下にプロテクターも含めた凶器を隠していないことを周知する目的と、肌を殴られた時の腫れや切り傷が明確になることで伝わる痛み、肉体美を見せる、などの目的があります。

逆に服を着るのはグローブのように怪我を防ぐ目的やスポンサー名を道着に書いて広告料をもらう、相手の体を掴んで投げやすくするなどの目的があります。第二次対戦前の欧州の場合、ジャケットレスリングをする=ジャケットを買える上流階級だったわけで、ジャケットの格好良さ、ステータスも大事なわけで、デザイナーさんの力は大きいと思います。

退会済み

No.764 2014/12/05 17:58



987ありがとうございます。

襟をつかんで持ち上げる時に、出来れば腰も持ち上がって欲しいとなった時に、オーバーオールやツナギが出てきて、金属なしで、だとタスキで欲を言えば股下にもタスキを通したい。SM的で酷いデザインにしかならないのですが、その上からジャケット着ても、タスキをつかんで投げれば良いかな。

伊藤 三世

No.760 2014/12/05 17:41



980 ironさん>

そうですね。

それを考えると裾は外に出して置いた方が良いような気がします。



そうなるとやはり道着の内側と外を紐で固定して、帯を道着に通すタイプが無難ですね。



これまでの経緯に近しいイメージが、ドラクエの『武道家』だという。

http://file.news.huku1.com/chara3.jpg

退会済み

No.759 2014/12/05 17:36



伊藤さんがデザイナーで、私はデザインに無知なので、デザインに関しては他の方に丸投げで、格闘技の勝敗に直接つながる機能性にしか興味がなくて、袖の代わりに、リストバンドがあると掴みやすいなぁとか、100キロ以上の体重を持ち上げてもズレない取っ手が欲しいなぁとか、そういう発想しか出てこない。

谷川さんが打撃有利になるよう考えている地点で、組み技視点の私はダメなんですけどね。

http://image.rakuten.co.jp/mibunosato/cabinet/tasukigake.jpg

退会済み

No.756 2014/12/05 17:22



対外人で日本人選手の活躍も見たいとなった時に、裸体前提のアマレスだと、ヘビー級で日本人は勝てない。相撲のまわしのように、股下重心で持ち上げたり、柔道のように襟や袖を掴みたいのがあって、見栄え抜きの機能性だけで言えば、裸に相撲廻しとタスキでも良いような気がします。金属抜きでデニムのショートパンツに皮ベルト通してとか。http://image.rakuten.co.jp/mibunosato/cabinet/tasukigake.jpg

退会済み

No.754 2014/12/05 17:17



もう1つのポイントはフランカとかパリジャンの印象が強いのは2004年のアテネ五輪の頃だったからです。

日本人が見て一番柔道らしいレギュレーションだったと思います。

そして女子は大活躍でした。

柔道を語る時には明治時代とアテネ五輪は是非番組でも語って欲しいです。

日本人が強い柔道のヒントがあると思います。

退会済み

No.752 2014/12/05 17:15



>木棚環樹様

グローブを掴むのはグローブ脱落の危険が大きいので無しの方が良いでしょう。

多くの柔道家は必ずしも袖を持たずとも投げることが出来ると思います。

組み手で打撃を封じる事は難しくなるでしょうが。



>伊藤三世様

忍者スタイル良いですね。野袴ですね。

ただ、上衣をつかんで攻防した場合、はだけて袴から裾が出た時に直すのが難しいかもですね。

退会済み

No.751 2014/12/05 17:14



ポイントは2つですね。

一つ目はレスリングがオリンピック除外候補になった理由はポイント制が複雑になり過ぎて分かりづらくなったのがかなり大きかったと思います。

皮肉にもTVのバラエティで女性格闘家VSお笑い芸人のレスリング対決をしたらフォールだけというシンプルなルールになる事です。

実力が均衡してきたら屁理屈をつけてでもポイントを付けて勝者を決めなければならないという事です。

一番面白かったのはカレリンが見に行って「何をやっているか分からない」と言った事です。

伊藤 三世

No.750 2014/12/05 17:11



忍者型のズボンにするなら、ひざ下位で閉じたニッカの様なズボンに、膝下まであるサボーターをつける。もしくはズボンとサボーターが一体化ぃている形にしてしまう。



このスタイルならカンフーシューズを履いても違和感はないと思います。



http://brandbanzai.up.seesaa.net/Windows-Live-Writer/SENSE_1154E/tm_engineered-garments-2009-fall-winter-preview-3%5B1%5D_1_2.jpg

退会済み

No.749 2014/12/05 17:11



>力むと帰って投げられますよ。



ヒクソンVS船木戦のレフリーが「船木選手は試合中凄く力んでいた」という話をしてましたね。

ヒクソンは力んでいる相手を選んでたたかっていたんでしょうね。

というプチトラビアはともかく、言いたかったのはポイント制にしたらああいう投げが豪快に決まるシーンがさらに減るという事です。

伊藤 三世

No.747 2014/12/05 17:04



木棚さん>

色々なジャケットのご提案ありがとうございます。



スーツ型やオーバーオール型だと、武道感が少し弱くなりますね。



つなぎ型はサンボ着の素材で出来るのであれば一案としてありかなという気はします。



ベルトにする場合は金属は使えないですし、素材に気を付けないといけませんね。

退会済み

No.746 2014/12/05 15:24



http://image.rakuten.co.jp/menscasual/cabinet/sa/sa-5/sa-7/bottoms-31-c-1.jpg

前褌取ったのか後ろみつを取ったのか、客席から分かり易くするには、ジャケットでベルトを隠さない方が良いですね。柔道の選手なら襟と袖をつかみたいわけで。逆にアマレスの選手だと、967のように関節を布で覆って、関節の位置を曖昧にした服はやりにくいかも知れません。手首足首の位置をテーピングで表示してますが、ワザと位置をずらしたダミーかも知れないですし、素肌の関節の方が握り慣れているとか、あるかも。

ツナギなら上着が乱れたから時間止めて直すという柔道的な休憩が入らないので、レフリーはやりやすいかも。ズボンの裾が開くと、昔ながらの柔道でズボンの裾をつかむ人は有利でしょう。

退会済み

No.745 2014/12/05 14:52



https://m.youtube.com/watch?v=wFO1OoLl6A0

971のメンズ版。

ある程度の丈夫なワークウエアにすると、生地が厚くなるので、水吸うと重くなって滑りにくくなって、ハンデですね。引っ張られたときの強度を考えると、ビニール系の合成繊維より綿になると思うので、水に落ちたら重いですよ。

退会済み

No.742 2014/12/05 14:17



>968

http://gbring.com/sokuho/result/images/060310seiken_02.jpg

どちらかと言うとジャケットの裾をズボンの外に出す、掣圏道のイメージだったのですが、裾をズボンに入れた忍者もカッコいいですね。コテコテに投げやすい服にするなら、上下ツナギで、ベルトを腰に通すイメージですが、はだけた上着を闘牛士のように使って相手の視界を塞いで殴るとかも有りな気はしますし。

投げに特化するならジャケットがはだけない方が上品は上品ですよね。襟がつかめて、上着がはだけない服。ベルト付きのオーバーオールも良いですね

http://fanblogs.jp/overover/archive/108/0

伊藤 三世

No.741 2014/12/05 13:57



ズボンの裾は開いているのより、閉じた形の方がやはりカッコ良いですね。



とてもオリエンタルな要素がこの形にある様な気がしてます。



ただやはり水に入った時に水がたまるのが心配なので、あまり膨らみは大きくない形が良いのではないかと思います。





退会済み

No.734 2014/12/05 13:23



ジャケットに帯を通すサンボ着を基本に考えるようですが、今どきのスーツみたいに、ズボン側にベルトを通して欲しいです。

ベルトをつかんで投げようとした時に、脇の下までベルトがずり上がるのと、相撲の回しや一般的なズボンのように、股下から持ち上がるのでは、持ち上げる時の重心が変わってきます。ジャケット側にベルトを通したリクルートスーツで入社試験に通るのか?という話ですよ。

退会済み

No.733 2014/12/05 13:00



柔道の基本は相手のエリと袖をつかんで、組んだ状態から始まるのですが、半袖ジャケット前提だと、当然、オープンフィンガーグローブの手首のところから中に指を入れてつかんでokなのでしょうか?

打撃選手側からすれば、つかむのは反則でしょうけど、柔道の側からすれば、袖をつかまないと試合が始まらないわけです。これも5秒以内ルールでしょうか。

退会済み

No.729 2014/12/05 12:39



〉929 ミノルさん

雨上がりの水たまりとか、頭から飲み物ぶっかけられるとかはあるかもですね(^^;;

でも暫定ルールだと押し出し3回でKOとなると試合終わるまでに5回水没の可能性もあるので、都度着替えは停滞になるので無しでもいいかもしれません

退会済み

No.728 2014/12/05 12:38



>のうがきや様

押し出しの価値ですが、仰る通り状況によって全く意味合いが違ってくるので、試合のバランスを壊さない回数で有れば良いのです。

実行委員会の実験では比較的簡単に押し出せたようなので、一般的な打撃のTKOと同じ3回がまずは妥当ではないでしょうか。

退会済み

No.726 2014/12/05 12:33



ポイント制を導入するなら、レスリングのビッグポイント・ラストポイントや、テクニカルフォールを参考にすれば、アクティブな試合展開が期待できるかも知れませんね。



>のうがきや様

力むと帰って投げられますよ。

タックルに打撃を合わせるのは現実的にはかなり厳しいですから、皆脱力して金網際まで持ち込んだり、切ったりするのです。

現代MMAではグラウンドで下になるのは不利なので、投げられても構わない、というのは普通は無いでしょう。

退会済み

No.725 2014/12/05 12:30



タックルについても考えたいですが、その前に仮ルールが押し出しの価値を上げたいのか下げたいのか分からない事が問題だと思います。

柔道家が川に相手を投げて逃げる、力士が駅のホームから落とす、コンクリートの壁に叩きつけると想定すれば1度で良いですし、それを踏まえて3度だと力士で想定するとゾンビルールになってしまいます。

伊藤 三世

No.722 2014/12/05 12:14



道着に関する記事で、道着ははだけ易いという問題点を指摘されていましたが、甚平や作務衣の様に、着物の内側と外側を紐で結んで置く様な形にしてはどうでしょうか。

http://bakagaeru.obihimo.com/kiru/samue.html



その上でさらに帯を道着に通す形にしておけば、そう易々と道着がはだける事はないのかなと。

伊藤 三世

No.721 2014/12/05 10:21



ポイントの解りやすさを出すのであれば、モニターに常にスコアを映し出すくらいまでやった方が良いかもしれません。



審判のリアルタイムの加点を見れる様にするとか、ブラックボックス的なところをとっ払ってしまうというのは、一つのやり方かもしれません。



ボクシングでは最近は途中でオープンスコアしますが、選手にとって試合中にポイントが把握できるというのはどうなんでしょう。

退会済み

No.716 2014/12/05 07:13



相撲のぶちかましにはフック、レスリングのタックルにはボディへの膝という勝利のセオリーが分かっている今、一流レベルの選手同士の試合で言われているようなポイント制が意味があるのかは分かりません。

それが分かっているのに、タックルされたら金網やコーナーポストで脱力する選手が多いから押し出し一本を希望しました。

投げもカロ・パリジャンやエルメス・フランカを褒めましたが、あれも投げもポイントにならないから力んで投げられないようにしないのでしょう。

退会済み

No.714 2014/12/05 00:09



>嗚呼UPさん



新格闘技として形になりそうならそれはいずれ考えていかないといけないでしょうね。

制圏道の様に「これ専門」でやってる所もあるんですから。



ちなみに初期製圏道のポイントを記しておきますと、



○打撃・・・4(ポイント)

○投げ・・・技あり4、有効2、効果1

○寝技・・・立制(ニープレスをした場合)10、制圧(相手選手を抑え込みで制した場合)2、制止(ガードさせた場合)1



です。

技を発達させたかったら重点にする技術に高い点を与えることですね。

退会済み

No.713 2014/12/04 23:58



〉Wミノルさん

水で濡れた上着を交換する必要は無いのでは?実践を想定すると着替え準備してあることもなさそうです。濡れた状態での対戦も新しい要素になるかもしれませんよ。

上着は規定に沿って、下半身はある程度の選択制はいいですね。バックボーンによっての選択肢は欲しいですね。

退会済み

No.712 2014/12/04 23:53



メタモさんの仰る通り全ての攻撃に一律ポイントを決める、またはポイントとなる攻撃を決めることはバランスが難しいところかもしれません。

しかし、ゲーム化し易いというのは面白いですね。逆に格闘ゲームの具現化という視点で考えると新たな発想があるかもしれませんね

退会済み

No.711 2014/12/04 23:51



同体で水に落ちた場合時間を止めた方がいいと思います。

水から上がる時間、上着を交換する時間でロスしますから。



まあ素足は基本ですから素足で行くならそれでもいいんですが、

出来れば「ボトムスとシューズは選択制」にして「ロングタイツにレガース」の可能性も残して欲しいです。



あとラウンド制はTV的には面白いんでしょうが私はあくまで実戦性に拘りたいので「10分一本勝負、延長・再延長は5分ずつ」を推します。

退会済み

No.710 2014/12/04 23:47



私も本音としては“ポイントなし”“旗判定”または“引き分け"、決まり手は“打撃一本”“投げ一本”“押し出し2回”と“まいった”がいいと思います。

ただここで議論したり会場に足を運ぶような人とは別に一般層を取り込む必要もあると思うんです。

そういう意味での分かりやすさとポイント制。ランキング制の考慮も時期尚早かもしれませんがポイントなしだった物が有りになるようにルールが途中でころっと変わるのもどうかな?と、まだ実験段階だからいいかもしれませんが当初から考慮はしておいても損はないかと思います。

退会済み

No.709 2014/12/04 23:00



それはそれ、これはこれでコスチュームはグローブ着用、素足で良いかもしれませんね。

実戦は素手だと言われたら矛盾が出てしまいます。

コスチュームというのは安全面で考えた方が良いと思います。

奇遇にも嘉納治五郎や前田光世が目指したコスチュームですし。

グレイシーみたいな寝技中心の発想が明治時代の柔道で、1R3分、投げ一本・押し出し一回が21世紀の柔道になると思います。

退会済み

No.708 2014/12/04 22:26



>Wミノルさん



ある種のサクラですね。

観客判定の話は、話半分に聞いてもらって構わないんですが、

利害関係的な話は、テレビ格闘技における審判団も同じことだと思います。



それなら何かしら、

『不特定多数の評価を入りやすい形にする』という発想ですね



よくある日本的な

『テレビ的に勝たせたい方を勝たせてるんじゃ?』的な部分への

ある種の皮肉でもあるんですが・・・

退会済み

No.707 2014/12/04 22:23



>メタモさん

佐山さんは立ち技中心の「アルファ」と寝技中心の「オメガ」という新格闘技をかつて創始し、

その内のアルファが今の「制圏道」に繋がるんだそうです。



言われる様に「打撃+パウンド」という感じですね。

まあ抜き絵の様に余計なものは取っ払ってもいいんでしょうが

なるべく制約が少ない方が実戦的です。

退会済み

No.706 2014/12/04 22:11



そもそも原案?で『間接技なし』『公平な異種格闘技』

と矛盾するワードが並べられてるので混乱しますが・・



懸念するのは『間接・寝技は○○秒』とくっつけて行き、

分かりにくくなったり『なら総合でいいじゃん』とならないかですね

下手すると『より窮屈になったMMA』にならないかと・・・





ならいっそ『土俵ステージでやる総合』ですっきり、とも思いますが

おそらくは膠着しにくい形、なども考慮して原案になってるのでしょうし

しかし原案だと事実上『打撃+α』ルールだと思います



やはり巌流島さんでは『組み技+α』ルールも、いずれ考えてもらいたいですね



●勝利者賞には下関市の名物(辛子明太子)を!

退会済み

No.703 2014/12/04 21:53



>嗚呼UPさん



私は極論として『ポイントなし』『観客判定』を押してますが、

ポイントつける場合、確かに『わかりやすさ』が必要ですね。

その場合、ルールで『投げ』が認められてるなら、

『投げ』にもポイントを認めるべきと思います



ルールで認められている攻撃には、

すべて一律ポイントを付けないと分かりにくいかと。



わかりやすいポイントの付け方にすることによって

例えば『ゲームソフト化』しいやすかったりするかも?



>Wミノルさん

ランキング製は、私もルールにかかわらす時期尚早かと思います

退会済み

No.702 2014/12/04 21:36



当面はランキング制よりマッチアップの妙というか異種格闘技戦の顔合わせの興奮に重点を置いた方がいいのでは?

引き分けや印象店での旗判定ならさほどバックボーンに傷もつかず参加し易いと思います。

その代わり旗判定ではダメージと共に攻勢点(一本を狙いに行く積極性)を重視するとか。

PRIDEやK-1で散々判定決着を見せられたんで少々食傷気味です。

あくまで異種格闘技戦の「混沌としたカオスな空間」を維持していって欲しいです。

UFCの様に画一化・洗練化されたものへのアンチテーゼとして。



退会済み

No.701 2014/12/04 21:03



ポイント制のメリットとしては

⒈分かりやすさ。試合内容で語らず勝敗としての結果をクローズアップする人々も多いのではないかと思います。地上波での放映まで考えるとその辺まで考慮も必要かな?と

⒉ランキング制の導入。やっぱりこれも分かりやすさということになるのかもしれませんが、試合での累積ポイントで順位が決まる。初参戦の選手が大物でも一部の人しか知らないような人物で数戦で王者挑戦という場合もポイント稼いでいれば知らない人も納得できる。なんでこないだ始めて出たのに挑戦できるのなんて言わせない。

あとランキングは加点方式でなく、試合開始時はマイナス5点からスタートとして、5点も稼げない試合する選手はランクが下がるとかするとポイントの重要性も増す気がします。

退会済み

No.697 2014/12/04 20:02



また、ポイント先行で逃げ勝ちということに対しては、例えばポイント差3以下は判定とすれば逃げ放しには減点となればある程度積極的にならざるを得ないとも思います。またポイントがあることでランキングも分かりやすくなるのではないでしょうか?

退会済み

No.696 2014/12/04 20:00



初投稿です。よろしくお願いします。

投稿されている皆さんよりもライトな格闘技ファンです。知識不足もあるかと思いますがご了承ください。しかしながらこのようなファン参加型でのイベント立ち上げがあるのならと是非とも参加したいと思っております。

さて本題ですが、ルールについてはポイント制ありがいいのではと考えます。

日本発世界へ とコンテンツ性という点では"分かりやすさ"という部分も必要ではないでしょうか。

一般視聴者は細かい判定基準は気にせず見る人が殆どでしょうし分かりやすくなると思います。

真剣勝負感は低下するかもしれませんがラグビーやアメフトなどの格闘技以外出身選手もKOは難しくてもテイクダウン・投げ・押し出しでポイント稼げば勝つことも可能となるのでは?

退会済み

No.695 2014/12/04 19:59



試合場は、改良畳50畳を敷いてその上に円を描いたキャンバスを張るのがいいと思います。

299の伊藤三世さんの案で円を正方形の内側にピッタリはめ込む絵がいいですね。

そのセットを広いプールの上に組んで、鉄線入りロープで四隅を斜めに引っ張ればいいと思います。



退会済み

No.694 2014/12/04 17:42



投げ技一本についてですが、シュートボクシング式の判定にすると、柔道で言えば大外刈系をはじめとする足技や、巴投等の捨身技が割りを食う形になるような。

相撲の手も多くはポイント無しになるでしょうか。

別に威力に劣るわけでは無いですが、そこはルールと割りきった方が良いですかね?

退会済み

No.691 2014/12/04 15:44



確かに日本は「表に出ろ」ですね、そういえば。

アメリカなんかはジョン・ウェインとか見てると酒場の中でそのまま喧嘩始まっちゃいますが。



柔術が「道場破りへの対策として周りを道場生で円に囲ったタイマン」での技術として発達したというのもその通りだと思います。

なるほど、アウトドアとインドアの違いか。ふむ。

退会済み

No.690 2014/12/04 15:22



今日は谷川さんがUFC1の時の感想で「北斗旗(現空道)の事を考えた」と書かれた謎が解けたような気がします。

日本人の考える他流試合は外ですもんね。

日本で一番有名な他流試合が巌流島であるという事がその証拠です。

ドラマとかで飲み屋で喧嘩になるシーンでも「表に出ろ!」となりますから。

飲み屋の中で喧嘩になるシーンはドラマでは個人的には見た事無いです。

退会済み

No.687 2014/12/04 11:59



1について考える事がUWFについて考える事かもしれません。

UWFというのは二面があって、格闘技側から見れば興行化でプロレス側から見れば競技化です。

だからアウトサイダーが生まれたのでしょう。

格闘技側から見たUWFの問題は、まずテレビ、大きな会場という話になってしまう事です。

新空手に押し出しを加えたり、タックルしたら勝ちみたいなルールを作ってピラミッドを作る発想が生まれない可能性があります。

伊藤 三世

No.685 2014/12/04 10:26



道着の襟の形状は胸元がざっくり空いている、こう言う形が良いのではないかなと考えております。



これなら、着物型でも、被るタイプであっても掴む事ができますし、筋肉も魅せられます。



素材や帯を着に通す形はサンボ着を採用する形で。



http://109mens.com/wp-content/uploads/sites/2/2014/08/IMG_1954.jpg



http://109mens.com/wp-content/uploads/sites/2/2014/08/IMG_1999.jpg

退会済み

No.683 2014/12/04 10:16



コスチュームは昔のアーツの入場着の様な「前開きベスト風」がいいと思います。

サンボ着を改良すればいいでしょう。



それから、試合場を「円にするか正方形にするか」で今悩んでいます。

直径9.1mの円に四隅を設ける形で、「9.1m四方の正方形の内側に直径9.1mの円のラインを引く」のがいいかも知れません。

やはり四隅があることで障害物を利用して逃げ道塞いで追い込むという戦略が生まれますし、市街地ではその方が自然です。

ラインを引くことでそれを回避する円の動きも修得出来ますし、正方形なら畳も敷き易いです。



しかし問題は全面を円にした方が近未来的なデザインの印象を与えて流行るということです。

しかし私はそれでも「正方形に円のライン」を提案します。

やはりこの方が実戦的です。

退会済み

No.681 2014/12/04 09:29



総論としてはVTが「道場破りが来たらどうするか?」というインドア型他流試合で巌流島さんは「駅のホームやビルの屋上、階段から落とされたらどうするか?」、「アスファルトの道路の上に投げられたらどうするか?」のアウトドア型他流試合だと定義する方が今後の議論がやりやすいかもしれません。

退会済み

No.680 2014/12/03 23:56



今回はいさぎよく『孤島での打撃戦』のイメージに焦点を絞ったほうがいいような気もします

巌流島での武蔵と小次郎のイメージに直結しいやすいでしょうし。



●でっかい武蔵と小次郎のパネルが見守る中戦う

●下関市とタイアップ

●見届け人として観客が判定



観客参加型テーマパーク的な『現代に蘇る巌流島の決闘』を見に行くムードもいいかも



寝技はまた次回に

『もう地味なんて言わせない! 寝技を面白く見せるルール会議』

などを開いたらどうでしょう

退会済み

No.679 2014/12/03 23:50



UFCはルールで「道着・ロングタイツ・シューズ」の使用を禁止しています。

逆に言えば巌流島はその方向でいけばいいのかなと(笑)

シューズが駄目ならせめてレガースで。



あと、普段着のジャケットを考えた場合、本来「前がはだけた道着」の方がいいです。

そう考えると723で木棚さんが紹介していたチタオバの動画は参考になります。

伊藤さんの言われる様に選手の上半身なども見せられますし。

まあサンボはそのチタオバをも含んだロシアの集大成の格闘技ですからもうサンボ着でいいですけどね。



あと723の動画では「試合場は縄で囲った正方形、床は柔らかい土、ショートパンツに裸足」など、考えさせられる部分が大きいです。



また、440で伊藤さんが言われていた様に、吸水性に優れた「珪藻土」をマットに生かしてもいいかも知れませんね。

そこはプロの制作サイドにお任せします。

退会済み

No.675 2014/12/03 22:29



●巌流島では日本的『いさぎよさ』『シンプルな美』も感じたいです。

『いさぎよさ』の表現には『決着のつけ方』も重要かと。

『一本勝負』『ポイント判定無し』『時間切れは引き分け』で潔さを演出!



●トーナメント戦など判定つける必要が出た場合、

白黒は観客に委ねるのも『数値化できないロマン』として

ありかと思いました。



判定基準はシンプルにいさぎよく、

『積極的に一本を取りにいく姿勢』だけでどうでしょう

あとは『どっちが強いと思ったか』こんな主観で。



『ノー・モア・ポイントゲーム!』

『一本を狙うロマンを取り戻せ!』

退会済み

No.674 2014/12/03 21:34



>>No.056 幻鏡洋士さん

>盛り上げる1つの手段に観客の試合、興行への参加です。



面白いですね~

あとアメリカのように外部コミッションがない日本の場合、

どうしても『ひいき判定』などの問題が残ります。

スポーツの公平性の観点から、致命的とも感じます



いっそ判定を観客に委ねるのも日本的かも、思いました。

バラエティぽい参加性と緊張感の、落とし所になれるか?





●リングサイド席100人分にはボタンが渡され、1人1点

●審判団も用意する場合、審判は1人10点

●お客と審判団の合計を電光掲示板で表示、など



『見届け人は、観客である!』

退会済み

No.671 2014/12/03 17:24



押し出し一回で打撃系VS打撃系があったら皮肉にもというか首相撲の展開が無くなるかもしれませんね。

K-1が一回までとか北風政策だったのに対し、こちらは太陽政策で。

首相撲が苦手な選手は組まないようにするでしょうし、得意な選手は積極的に組んでくるでしょうし、そこら辺の攻防が面白いかもしれません。

退会済み

No.668 2014/12/03 07:56



>伊藤三世様

>Wミノル様

立ち関節技の秒数制限ですが、そうすると分け方も気をつけないといけませんね。

審判が止める形にすると、掛け逃げで苦しい状態を脱出出来てしまうかも知れません。

警告でも良いのですが、柔道を見ると分かるように、そういった決着はあまり面白いものではありません。

また、投げ技にポイントが無い以上、自ら飛んで関節技を逃れるのをどう評価するかも考えた方が良いでしょうね。

退会済み

No.667 2014/12/03 07:14



散打は打撃に優先順位があるからKOは1回で良くて、押し出し2回、倒したら見せてもらった映像によると-2P、もっと分かりやすいのはビーチレスリングでフォールは1回で勝ちで投げと押し出しは2回しないと勝てません。

公平な他流試合をするという事は全ての競技の優先順位の高い勝敗の決定をしないといけないので、KO・投げ一本・押し出し一回しかないと思います。

退会済み

No.666 2014/12/03 03:29



しかし仮に水の深さ50cmなら膝までの高さでしょう。

もういっそ「場外は分厚いクッション敷き詰める」だけで良い様な気もしてきた。

それなら観客が水被る心配も無いし。



アトラクション的にしたいなら「U字型クッションの上に泥」でもいいんですが、それでは試合場が汚れてしまう。



どうしても水に拘りたいならそれ相応の深さ無いと駄目でしょうから、そうなるとやはり「プールか海の上にセット組む」しかない。



実質この3択ですね。

退会済み

No.660 2014/12/03 01:17



タニラボでも触れられているのですが、金的をノーダメージにするファールカップを着けると、金的をしても効かないので、誰も金的を打たなくなり、金的禁止と同じになる。

ファールカップで急所である金玉をノーダメージにしても、尾てい骨、チンチンと肛門の間の骨に蹴りのダメージを受けるファールカップにすれば、何らかのガードをしなくてはいけなくなるので、構えの変化が生まれるかも知れない。

退会済み

No.659 2014/12/03 01:05



833続き

「フルコンタクトKARATE 」編集長山田英司:

新空手で金的有り、ゴーグルを付けて目潰し有りの大会を開いた経験上、禁止事項を減らしすぎた試合は詰まらなくなる。過激で暴力的なルールだとスポンサー企業が逃げる。世間のイメージが悪くなる。金的でkoする選手に観客はあこがれない。金的でkoされる選手にもあこがれない。

目潰し有りの大会動画

https://m.youtube.com/watch?v=ih8-8rQuBKM

退会済み

No.657 2014/12/03 00:42



タニラボで金的解禁の議論が面白かったのでまとめます。

少林寺のファールカップを着けると金的はノーダメージで、なおかつカップが二重になっていて金的時に音が鳴るため迫力も出る。

谷川さん:金的を有りにすることで、構えが変わる。相撲のようにガニ股に横長に構えるのではなく、フェンシングのように前後に構えるようになる。組み技や投げ技の技術が変わる。拳も片方をアゴ、片方を腹の位置に下げたガードになる。

グラウンドでも、金的有りだとクローズド・ガードが無くなる。

レフリー:ダウン寸前の選手が金的を受けたアピールをして時間を稼ぐことが無くなるので、レフリングがしやすくなる。

退会済み

No.656 2014/12/03 00:38



>831、木棚さん

これも同じく知恵袋で「kgfは重量キログラムといって1kgの重さの物体が受ける重力の大きさです。kgは質量、kgfは受ける重力の大きさを表します。よって、kgになおすことは出来ません。1 kgf = 9.80665 N(ニュートン) です。」とありました。



だから、やはり水の深さは「35~50cm」になる様です。



退会済み

No.654 2014/12/03 00:05



知恵袋で体育館や武道館など会場になりそうな所の長期積載荷重を聞いたところ、

土木関係者という方が、「土木では『群衆荷重』として、500kgf/m2を考えます。建築基準法施行令では、固定席以外では、350kgf/m2のようです。」と答えてくれました。

伊藤 三世

No.651 2014/12/02 22:14



木棚さん>

いえ、木棚さんは硬派なイメージでしたので、違った一面がしれて面白かったですw



漂流しながら試合というのは面白いですね。刃牙でジェットコースターの上で戦うのを思い出しました。空手家が三戦でバランスを取って。



太平洋のど真ん中で試合して、観戦ツアーにしたらお客さんも限定にできますね。お客さんは巨大客船の上から観戦すると。

退会済み

No.650 2014/12/02 21:53



伊藤さん、酔っ払って失礼なこと書いちゃってすみません。

ミノルさん、S造建築(Sはスチールの略で、鉄骨建築のこと)は100kg。

そうじゃ無い建築、鉄筋コンクリート建築、鉄骨をコンクリートで補強した建物で350から360kgです。約100㎡で、約7万kg。S造で深さが10センチ、それ以外で50センチぐらいでしょうか。

退会済み

No.649 2014/12/02 21:50



個人的ファイナルアンサーから導かれる脳内シミュレーション3 打撃系VS打撃系



シウバVSカン・リーみたいなバリエーション豊かな打撃戦になれば良いですが、最悪のパターンはムエタイのようにクリンチして投げ合うとか、場外に押し出すとかで決着した場合盛り下がるように思います。

退会済み

No.648 2014/12/02 21:48



個人的ファイナルアンサーから導かれる脳内シミュレーション2 組み技系VS組み技系



柔道とか相撲というのは、ムエタイにとってボクシングが「国際式」のように自国のエスニックな相撲にとっての「国際式」になるでしょう。

その競技が一本のみの投げ技で評価されるとか、本当にモンゴル相撲が押し出し有りで世界一なのかを確認する場になると思います。

伊藤 三世

No.646 2014/12/02 21:38



松本さんの意見を聞いて、立ち関節は瞬間的には極まるもののみ認めるのが良いのかなと。グラウンドに逃げられるのはタイミングが合っていないと考える。

KOもタイミングの芸術な訳で、その一瞬のタイミングを生み出す為に、様々な伏線を張る訳ですよね。

立ち関節も同じ解釈で、長くても仕掛けは10秒ルールでも良いのかなと。

退会済み

No.641 2014/12/02 20:55



書いてみないと分からない事もあるものでジャケット着用のMMAはスポーツ的要素が一つでも入るなら日本人はするべきじゃないと思いました。

フランス人がやる分には文句は言いませんが。

ラウンド制になるとか目潰し・噛み付き以外の技が禁止になるような場合は日本人だけはやるべきじゃないと思いました。

スポーツ柔道へのアンチテーゼですからね。

退会済み

No.639 2014/12/02 20:49



伊藤さん

どこかのホテルのプライベートビーチを使って試合をするとか。

巨大なビート板の上で試合。

スパリゾートハワイアンセンターや健康ランドの大浴場で試合ですね。

淀川の中洲で試合をしていたら、上流のダムが水を流して、選手が海に流出すると。

ドラゴンボールのカメハメ波は危険だから巌流島では禁止して欲しいですとか。

リングにかけろのネオバイブルは禁止しないで欲しいとか、勝手なことを書いてみます。



退会済み

No.638 2014/12/02 20:36



直径9.1mの試合場の周りに「幅2m、深さ1mのドーナッツ型水槽」とします。水槽の内側にはU字型クッションを敷き詰めます。

水槽の水の量は、Y=(9.1÷2)+2=6.55(m)として以下の様に求められます。



Y×Y×πー(Y-2)(Y-2)π=(4Y-4)π

(4Y-4)π×1=(4×6.55-4)π=22.2×3.14=69.708

69.708(㎥)は69708(リットル)

よって水の重さ自体は69.708(t)=69708(kg)

退会済み

No.637 2014/12/02 20:21



>799

直径9mの円の外周に2m幅のプールを作ると、半径4.5m+半径2m。

直径13mになります。外周に1m幅のプールだとミノルさんの計算通りです。簡易プールや仮説プールでも検索して見たのですが、小学校サイズのプールで1レーン2m計算でも7レーンほど使う計算で、意外に大きなプールが要求されます。話はそれますが、水深20センチぐらいのプールでMMAをしたら、グラウンドの膠着は防げるのではないでしょうか?

退会済み

No.633 2014/12/02 20:00



鈴木みのるの逆落としの様な絞め投げも通用しそうな気もしますけどね。

私はプロレスファンでもあるのでどうしてもレスラーの立場に肩入れしちゃいます。

「立ち関節・立ち絞め禁止」「首や頭から逆さまに落とす攻撃」。

この2つを禁止されたらはっきり言ってレスラーは戦えません。



退会済み

No.628 2014/12/02 19:17



舞台の外の水辺にピラニア案と同じ方向性ですが、

危険に見える安全な生き物を配置する手法があると思います。

個人的に、ラバースーツを着た人間には噛みつかない1mほどの小型のサメなどを調べたのですが、小型でも素肌でサメに近づくのは危険です。

毒の無いウミヘビを探した時に魚類でモンガラドウシというのがいて、無毒ですが見た目が気持ち悪い。舞台の外は死を連想させるには良いかと思います。

退会済み

No.627 2014/12/02 18:51



実行委員の松本です。

議論が白熱していて、我々も勉強になります。

立ち関節について、多数のご意見を拝見しています。私個人としては、ロシアの白兵戦用サンボの技術を学んだ際に、ロシアのマスター達のようにスタンドのまま極めるのは難易度の高い技術だなと感じました。スタンド状態で腕絡みや首関節、手首を極める技術は戦闘用サンボに多数あります。しかし競技化に転用した場合、一方が逃避のためにグランド状態を望んだ場合、比較的容易にグランド状態に移行するケースは多いように思えます。

寝技の関節技を禁止する前提であるのなら、立ち関節をグランド状態への逃避で回避したがるケースは頻発するのかなと想像します。

退会済み

No.623 2014/12/02 16:31



タニラボの「選手会場放送メディアを決めよう」2013年3月31日に甲斐さんが書いているのですが、水槽の水位を70センチにした時に水が20トン必要。水槽の外周が55㎡。http://www.megaegg.ne.jp/~total/siryou/sekisai.html

建物の積載荷重が11屋上体育館・武道館などで、千N㎡。10ニュートンが約1kgなので、百kg/㎡。55㎡だと5500kg。500kgはリングや選手やレフリーの体重だとして、水を5トン以内に抑えなければいけない。水の深さは15センチぐらいが上限です。地下室がない一階のフロアじゃなければ70センチは不可能です。

退会済み

No.622 2014/12/02 16:00



>Wミノル様

釣手、引手の状態で、投げ技の威力は大きく異なると考えます。

K-1は投げ技がないので、多少固くても良いのですが…

K-1のミックスルールの際でも同様のキャンバスだったのでしょうか?

そうであれば、ある程度のデータから判断出来るのかも知れません。

退会済み

No.620 2014/12/02 14:41



>iron様

「裸体でボクシンググローブ着用のSB」でも

「道衣着用、OFグローブの空道」でも

バックドロップを食らった場合のダメージは同じなのではないでしょうか?

「K-1でもキャンバスの下は畳だった」と谷川氏が言われてましたし。

空道はアマチュア色が強い為にそういう措置をしているのでしょう。

むしろ立ち技の選手でもSBの選手はちゃんと受け身を取っているんですからそれぐらい見習うべきです。

あまりルールをいじり過ぎて実戦性から離れてしまい、「換骨奪胎」な状態になってしまっては本末転倒というものです。

退会済み

No.616 2014/12/02 12:07



免疫がテーマですよね。



組み技系は免疫を作ってクリンチして押し出すなり、投げるなりテクニックの問題ですが、打撃系はいきなりバックドロップされたら危険なのでライセンス制にするか、段階的に投げ技を解禁するルールの話になると思います。

退会済み

No.615 2014/12/02 12:01



>Wミノル様

裸体でボクシンググローブ着用のSBとそのまま比較するのはどうでしょうか。

道衣着用、OFグローブの空道では、頭から落とす投げ技は反則です。

やはり、投げのコントロールが容易になることや、畳の上で試合することが理由として大きいのでは。

地面の素材とあわせて、検討は必要だと思います。

退会済み

No.612 2014/12/02 04:59



>764

アマ散打は中国拳法の精神にのっとる前提で、プロは中国国内に

専業で食える散打大会が無い以上、国外の競技に選手を貸し出す前提だからじゃないでしょうか?

K-1、ムエタイ、シュートボクシング、ボクシングに選手派遣前提だと押し出し禁止になるのだと思います。

アメリカのアマチュア散打試合動画。

https://m.youtube.com/watch?v=EOo9kn-FcpY

退会済み

No.609 2014/12/02 00:00



「武林大会」って中国ではテレビ局が力入れてるんですね。

何でも2億人が見てるんだとか。

「UFC」と共に「武林大会」も意識して日本独自の答えを出さないといけないですね。



ウィキによると、

アマ散打は「1Rに2回場外へ突き落としたらKO」なんですが、

プロ散打は逆に「外へ突き出したら減点もしくは失格」なんだそうです。

何ででしょうね。

「5秒膠着ブレイクルール」はプロはありますけどアマはどうなんでしょうか。



それと、アマ散打の試合場は円形でUFCと同じ直径8mですが、

「外から90cmのところに10cmの太さの警告ライン」が引かれ、

場外の幅は安全の為に「2mの幅」を設けてるんだそうです。

退会済み

No.608 2014/12/01 23:14



>750、751



こういう丸い試合場ができるのなら面白いですね。

相撲のように相手を出すのと散打の相手を落とすでは試合場の形に求められるものは変わるでしょうね。



あとどうしても押し出し3回がしたいならこの映像とか極真みたいに顔面パンチ禁止にすれば成立はすると思います。

退会済み

No.604 2014/12/01 21:55



試合場の周りを水で囲んじゃいけないというのがUFCの試合を見て分かりました。

ダウン状態、つまり打撃で失神したままバランスを崩して水に落ちる可能性もあるのでこれは絶対禁止です。

ただケージとは逆にそこで落ちて追撃のパウンドが無い分安全だと思います。

退会済み

No.601 2014/12/01 21:23



目新しい『押し出し場外KO』の攻防が最大の焦点でしょうから、

その攻防にあまり水を差さないルール作りがいいかも知れないですね。

あまりいじると、お客さんも何を焦点にみればいいか、分からなくなりそう



投げにポイント付けるのはややこしくなりそうだし、いらないかな

シンプルに『出されるか、その前に殴り倒すか?』みたいな感じで。



短期決着になりそうな気もするんで3分3ラウンドとか、

よりシンプルに、判定なしの10分一本勝負とか。

これでも時間切れはそれほど無いのかもしれない

伊藤 三世

No.600 2014/12/01 21:21



ゴングでも金属の質感を雅楽器の素材にするとかだけでもオリエンタルな雰囲気になるのかもしれない。



UFCは勝った時は特に何も音はないですよね。



日本だとゴングをけたたましく連打するけれど、あれは興奮するので良い感じ。決着が分かりやすいですし。

退会済み

No.598 2014/12/01 20:23



https://m.youtube.com/watch?v=HysegS3Wgho

>707

K-1出身の谷川さんが企画で、K-1のルーツは空手、空手のルーツは中国拳法・カンフー。カンフーを競技化したものが散打や武林大会である以上、似てしまうものなのかも知れません。アマチュア散打では1ラウンドに2度の押し出しでKO勝ち。5秒以内の組み技投げ技が許されています。押し出しに重点なのが巌流島のオリジナルかとは思います。

退会済み

No.595 2014/12/01 19:02



>>No.719

>選手は一般から募集してするのもおもしろそうだ。最強だ!と謳っている道場はたくさんある。



それは面白そうですね!

ある種のオープントライアウトやオープントーナメント的なものって、

団体主導だと色々と難しいのかもしれません



むしろテレビ企画主導のほうが、しがらみ少なくオープンな場が出来るのかもしれませんね

TUF的な企画も出来たらすごいな。

それを可能にしたのがテレビ企画だったら、実に日本的な現象です

退会済み

No.591 2014/12/01 18:09



街で集団で囲む様な者ならボトムスは「ロングパンツ、ジーンズ」、トップスは今の季節「セーター、トレーナー、パーカー」等でしょう。屋内なら「ロンTやタンクトップ」も考えられます。

大分偏見入ってますけどね(笑)佐山さんはスーツの上下で考えてましたが。

共通してるのは「上から被るタイプが一般的」だということ。

襟は丸首かVネックかの違いはありますが。

そういう輩は夏も「Tシャツ」でしょうしね。

ああ・・・ますます骨法に近づいていく。。

あれって今思うとよく考えてたんですねえ。



私はあくまで401のジャキーのコスを推します。

暴漢がよく着る「上から被るタイプ」のトップス、柔らかく掴む所があって尚且つ滑りにくいボトムス、カンフー靴履いてる、袖がない、動きやすい、「オリエンタルな魅力」もあって他の競技のどの真似でもない。

理想的です!

退会済み

No.590 2014/12/01 18:07



まとめですが旭道山さん→ゴルドー→ジーン・フレイジャーの流れで分かったように相撲の立ち会いはあまりにもフック系の攻撃に弱いのでレート的に一回落ちたら負けで良いと思います。

レスリングもUFCみたいに打撃で行ってフェイントじゃないとタックルで落とすのもたぶん難しいと思います。

退会済み

No.589 2014/12/01 15:53



ポイント制のデメリット

1一発勝負の緊張感が見る側に薄れる。良くも悪くもUWFのイメージが強い。

2一本勝ち狙いでなく、小さなポイントを先行したら、ひたすら逃げて判定勝ち狙いの消極的試合が増える。

3勝敗の中にレフリーの主観の占める割合が多くなる。スリップなのかダウンなのか、有効なのか技ありなのか。



ポイント制だと強い選手が弱い選手を泳がせて、相手の良い所を引き出しながら最後は勝つという展開も増えるわけで、それを良いと思うか悪いと思うか。本当の「異種」だと、ポイント制じゃなきゃブッキングや試合が成立しないとも思いますし。

退会済み

No.588 2014/12/01 15:41



>616>619

ポイント制か一本制か。難しいところです。ポイント制MMA=

UWF=プロレス。というイメージが世間にあるのも事実です。

ポイント制のメリット

1試合時間を伸ばせるので、TVの放映時間が余ることがない。

2二勝一敗、三勝二敗などの僅差の接戦や逆転があることで、敗者のブランド価値を落とさずに済む。

3引き分けでなく判定による勝敗を付けることができる。

4片膝を着かせただけの投げと体を浮かせて背中から落とす投げの差を表記できる。

5打撃のダウン、投げの一本、押し出しの3つのバランスを表記できる。例えば、押し出し3回でKO勝ちなど。

退会済み

No.587 2014/12/01 15:27



>616

投げ技選手のためにパウンドを認めたとなってますが、パウンドに対するカウンターとして今の柔術があるわけで、柔術禁止でパウンドを認めるのは、柔術に勝てないから逃げたと、傍目からは見えるのではないでしょうか。パウンド(グラウンドの打撃)と柔術(グラウンドの関節技)はセットで、両方認めるか両方認めないかの二択のような気がします。

柔道やアマレスには打撃がなく、人を殴ることに生理的嫌悪感を持つ選手もいると思います。投げた後、固めて極めて一本ならともかく、パウンドを要求するのは少し違うかなぁと感じます。

退会済み

No.586 2014/12/01 13:31



投げ技についてですが、いわゆる北米ルールでは、頭部をマットに突き刺す行為は反則とされています。

意図的に頭から落とす投げ技については、やはり危険防止のために反則とするべきではないでしょうか。

同様に、四方投げのような極め投げも、立ち関節のルールとともに議論が必要だと思います。

退会済み

No.585 2014/12/01 13:22



これらは要らなさそうだ。



○試合時間は5分3(または5)R。

○副審2名は主審共々ジャッジの採点も行なう。

○また、判定はラウンドごとに3人のジャッジがそれぞれ一方に10ポイント、他方に9ポイント以下を付け、各ラウンドのポイントの合計で勝敗を決するラウンドマスト制を採用する。そのため、必ず勝敗がつくマストシステムではなく、ジャッジの合計ポイント次第ではドロー裁定もありうる。

退会済み

No.583 2014/12/01 12:46



タイソンやパッキャオのKO、井上康生の投げ一本みたいなのが見たいのでポイントを増やすというのは問題があると思います。

ボクシングや柔道だって、上記の選手はズバ抜けているからそういうシーンがあるのであって、ほとんどの試合は時間切れ判定ですから。

格闘技の華のあるシーンの詰め合わせであって欲しいです。

退会済み

No.581 2014/12/01 12:11



No.717

Wミノルさん



それ書いたの私ですw

今はまずルールを決めなきゃならないでしょうから、

それをこっちに書く気はなかったんです

張ってもらうのは一向に構わないですよ



巌流島は実験場のような印象を持っていますしね。

個人的には『多様な実験場』になってほしい、と思うし

それは一つの価値ある場になるのでは?と思います。

退会済み

No.579 2014/12/01 11:57



やはり有名選手などが負けたらバックボーンに傷がつくということでルールは人気ある選手や後ろ盾がしっかりしているところが決定権を握ることになったら嫌だな。それならいっそのこと出場選手は一般から募集してするのもおもしろそうだ。最強だ!と謳っている道場はたくさんある。

それでも最強と言いつつ負けたら傷がつくので偽名と覆面マスクの着用をなどを許可して試合するのも面白そう。

退会済み

No.577 2014/12/01 11:44



ああ、これが抜けてた(笑)ここに書いて欲しいですよね。



○企画としてなら「格闘実験バラエティ」みたいなほうがいいような気もしてきた



・大会ごとに実験テーマとルールを決めてやる

・選手は、実験参加選手というふれこみ。これなら負けてもバックボーンに傷がつきにくく、いろんな選手が参加しやすいかも

・有名選手が参加できなくても、実験テーマの面白さで興味を引けるかも



皆が納得のいく異種格ルールなど出来ないので、

それならテーマそのものを「実験」にしてしまえばいいんじゃないの

テレビ企画としても柔軟性がでて飽きられにくそうだし

実験という名目ならコアな格闘技ファンからの反感も少なそう

退会済み

No.576 2014/12/01 11:02



巌流島さんでは日本発世界も、ということですが、

メタモリス以降、やはりルールにおいても日本的な精神性をどこかで感じさせるものこそ

世界へ訴えかけるものになるのではと思いました。



手軽に日本的な、古来の武道・格闘の原風景を感じさせるには、

時間的な区切りをいじることでしょうか?



●ラウンド無し! ポイント無し! 一本勝負!

●制限時間は10分! 短い時間で緊張感を!

●ドローが多くなるかも知れません。そのかわり一本の価値が高まります。一本には賞金を!

●頭突きなし! 血が水に入ったら汚いです!



勝手にメタモリスの打撃版のようなイメージです。

あっちはやはりのんびりしてますが、

こっちはチャキチャキ江戸っ子のように進行させてはどうでしょうか?



短い時間で、ドローを避けるには一気に一本を狙う!みたいな発想です。

退会済み

No.574 2014/12/01 10:20



なんとなくメタモリスには、近未来に武士道精神がスポーツとして復活した、みたいな

不思議な懐かしさとスマートさを感じました

あんな雰囲気はかっこいいですね!



あれ以降、ポイント無しってのも面白いと思いました

ドローでもちゃんと勝者と敗者のコントラストは出るし

選手はそれを受け入れつつ、お客さんもそれを理解しつつむやみに指摘するでもない、

なにか日本的なDNAに訴えかけるものがありました



●というわけでポイント無しを支持します!●

退会済み

No.573 2014/12/01 01:33



○とりあえずのテーマを運営のほうで三つくらい用意しておいたほうがいいように思うんだけどねぇ

掲示板もスッキリしそうだ



・スタジオでテーマにそりプレ実験試合番組→谷川やジュニアらでわいわい検証

・いけそうなものは選手を募って大会を開催→これはそれなりに豪華にやる

・面白くなりそうだったら実験継続→巌流島オフィシャルルールを目指す



結局ルールってのは続けるうちに整備され、マニア化(notテレビ向け)するもんだろうけど、

一定の評価を得たものはスピンオフ的に小規模でも大会を継続したり、

番組のほうは飽きられないように新しいテーマ・実験を始めたりとかね



面白い考えですね。

退会済み

No.572 2014/12/01 01:32



その2ちゃんで1人論客がいたので彼の意見を紹介します。



○あと掲示板みたら、結局みんな見たいのは「自分の脳内実験を実際に見てみたい」だと思うんだよね

「多人数vs多人数」が旬の話題なら、それをテーマにした大会を何回か開いたり、

テーマにつまったら、フランスの打撃あり柔道をパクったっていいと思うし

実際にやって面白くなりそうだったら、実験を続けてもいい

掲示板に書き込む人も、そのうち自分の実験案が採用されるかも?と楽しみが継続するしね

退会済み

No.571 2014/12/01 01:21



UFCが「洗練」なら巌流島には「野卑な興奮」を求めます。

UFCも元は異種格闘技戦でしたがどんどん画一化されていってしまいました。

巌流島は「異種格闘技戦」をコンセプトに掲げるだけに「カオスな空間」を維持していって欲しいです。

それが一番面白いのですから。

退会済み

No.570 2014/12/01 01:13



私も芦原門下には期待しています。

口の悪い2ちゃんなどでは「サバキなんてただ横に動いてかわしてるだけ」などと言う者もいますが実際はどうなのか?

是非見てみたいです。

そういう意味では色んな格闘技の奥義・裏技的なものも見れるかもと巌流島に期待しちゃいます。

退会済み

No.569 2014/12/01 01:04



市街地実戦を想定するならどうしても引っかかるのが



①喧嘩は路地裏の様な狭い所が基本ではないか?あんな広さが果たしてあるか?

②障害物を考えると「コーナーに追い込む」とかが無いと逆に不自然ではないか?



という点なんですよね。

しかし①はのうがきやさんが「駅のホーム」という発想でクリアしてくれました。

同時に「場外(水)の定義」も「線路」でクリアです。

これが車道だと殺人になっちゃいますし、崖は特殊だし、屋上は高さ的に同じく殺人罪適用ですからね。



一方②は「リングというのはあれでよく考えられてたんだなあ」と再認識しているところです。



退会済み

No.568 2014/11/30 23:26



芦原空手の活躍は期待してる。

実戦系をうたっている道場の選手がたくさん出てほしいな。

試合場は全て壁なしもいいが、四角の二面だけ壁がないとかも面白そう。立ち位置によって試合展開が変わるみたいな。

壁を背にして戦うか、壁なしの位置に誘い込むか。そんな展開も面白そうと思った

退会済み

No.566 2014/11/30 23:09



>「公平な異種格闘技戦」にすると、一番殺されるのが「打撃技」です。



今のUFCというのはケージを背にして倒れない、倒されたらケージ使って立ち上がるで打たれ弱いジョン・ジョーンズとかソネンみたいなタイプ以外「面倒くさいからケージのド真ん中で殴り合おうぜ!」みたいな流れですから、そこにアメリカの格闘技ファンが飽きて、こちらに期待しているのなら色々な可能性を探った方が良いような気もします。

アニマルAKI

No.562 2014/11/30 21:51



相撲、柔道、空手等の話題に行きがちだけどもっと世界中の伝統格闘技、新興格闘技の選手に出て貰いたい。KやPが成功した理由にワールドワイドな選手層があったし。煽りVでその競技、特質、歴史等を解り易く、面白く、格好良く紹介して貰って、現地取材に行って貰って。フジの清原Pは日本人のスターより外国人のスターを作りたかったらしいけど、外国人のスター発掘に力入れて欲しい。まぁ地上波にならなきゃ予算がないだろうけど。CSで呼べるのはアジア圏に限られるかな。

退会済み

No.560 2014/11/30 20:42



複数回落下ルールだとモハメド・アリのように舞い、ホイス・グレイシーのように引き込んでスタミナを奪えば対力士戦略はできるでしょう。

問題はレスリングの選手にはたぶん勝てないでしょうね。

打撃のガードができない昔ながらの選手は別でしょうが、UFC意識した選手が多いでしょう。

それで思い出しましたのがケンドー・ナガサキさんのVTですね。

力士というのがそんなに打たれ強いのかが疑問です。

伊藤 三世

No.557 2014/11/30 19:28



UFCのオクタゴンくらいの広さがあれば、回って逃げ続ける事もできると思いますが、終始コンタクトしないわけにもいかないでしょうしね。



それこそボブサップのようにゴングと同時に突っ込んでくる相手をどういなすかなど、立ち技系の人も色々と研究して行けば、意外とフェアなルールなのかもしれませんし。



それらの進化のバランスを見ながら、場外やKOの回数を改訂して行けば良いのかなとも思います。



退会済み

No.556 2014/11/30 19:17



やはりあの集団戦の動画見てるとやはり最初は1VS1で、相手は少々打撃食らってもと本能的にタックルに行く様です。

ここの凌ぎ方ですよね。

あと、詳しくないのですが葦原秀幸(この漢字だったかな?)が本とか出してた「サバキ」の技術は打撃系に向いてるかも知れませんね。

伊藤 三世

No.550 2014/11/30 18:42



Wミノルさんのルールの中で、寝技30秒は長く感じますね。有効な攻撃が認められる場合に限り、膠着時は直ぐにスタンドに戻してほしい。



また空撃は判定が曖昧に見えるので、個人的には反対です。



またスポーツマンらしくない行為を掲げるのであれば、自ら逃げる様に場外へ逃げた場合は、主審の判断で減点対象にしても良いと思います。



退会済み

No.548 2014/11/30 18:13



タックルを切れない選手が一度水に落ちたら頭がスッキリして、思いもつかない方法で逆転勝ちする可能性も否定できないですが、基本的に再現VTRをあと2回見る事になるでしょうね。

タックルを切れる打撃系が予選から出て来るシステム作りの方が重要だと思います。

退会済み

No.545 2014/11/30 16:01



ただ難しく考えなくても打撃系は10カウントを奪う、柔道・サンボは投げたら一本、相撲は押し出し一回、MMAはパウンドで良いんじゃないでしょうか?

過去の試合映像で勝利シーンを煽りで使えば、それぞれが勝った時に普通に盛り上がるのでは無いでしょうか?

退会済み

No.536 2014/11/30 09:11



>659アメフトの攻撃ですが、4回の攻撃で10ヤード、約9メートル進めば点が入ります。巌流島の競技場の大きさが約9メートル。タックルはありだけど、殴る蹴るが禁じられたアメフト選手が、打撃に耐えて競技場をボールと共に横断出来れば勝ち。

アメフト対ボクシング、アメフト対相撲。夢は広がります。変な話、バスケ対剣道とか。バスケが何点取れば勝ちなのかが分かりませんが、絵としては面白い。5人のバスケの選手が1人の剣道家と試合して、面や胴で一本取られると退場して、最後、1on1で闘う。



退会済み

No.534 2014/11/30 08:52



>625異種格闘技であれば極端な話、ルールに対称性はなくても良いのではないでしょうか?

相撲の選手とキックボクサーの試合で、相撲の選手は相撲ルールで認められている全ての攻撃を許可され、キックボクサーを押し出すか足の裏以外を地面に付けさせれば勝ちで、キックボクサーが認められているパンチやキックは受けるけれどもやってはダメ。

キックボクサーは、キックボクシングで認められている全ての攻撃を許可されるが、相撲で認められているマワシをつかむなどの攻撃は禁止。相撲取りがヒザを着いても、10カウント内に立ち上がれば、試合続行。

ラグビー選手が不利そうですが、異種を謳うなら、自分のルールと相手のルールが異なったままやるべきでは。

退会済み

No.532 2014/11/30 08:41



青木選手とムーア選手の試合の続き。

いまのアマレスは相手を綺麗に投げて一本とか両肩をマットに付けて一本じゃなく、低リスクで細かいポイントを取って判定勝ち狙いが多いので、バックを取って足を払って、うつ伏せに倒して、腰に手を回したままゴロゴロ転がって、ポイントの累計で一本が主流です。ある種、いまのアマレスを象徴する闘い方が出た試合にも見えます。

立ち関節で危ないと感じたのは、バックで後ろ手一本取られた状態で、手首とヒジをつかまれている相手が、そのまま相手選手の正面を向こうとしたら、腕がねじれたままで、ヒジの逆関節が極まってしまう問題です。

逆に言えば、投げないテイクダウンしない殴らないアマレスがポジショニングだけでどう相手にダメージを与えるのか。後ろから腰に抱きつくアマレス選手にキックボクサーが股間にヒールキック。

退会済み

No.529 2014/11/30 08:26



のうがきやさんの言う様に「試合中、水にクロマキーで電車の映像を流す」のも1つの手です。

ただ、問題は子供に良くない影響を与えることです。真似も出て来るでしょう。

惜しいですが。



そこで、



「水に最新の『3Dホログラム』技術で『火』を映し出し、水に入ればブザー鳴らす」



という案を提案いたします。

これで緊張感を演出出来ると思いますよ。

退会済み

No.528 2014/11/30 08:23



623とも立ち関節とも微妙につながりますが

青木真也対トッド・ムーアの決まり手みたいな展開を禁止にするかどうか。バックを取って、テイクダウンせずに、抱きついてチョークスリーパー。2分30秒から3分辺りの展開です。

https://youtube.com/watch?v=IXpFCRN8CfI

投げずに最初から絞め技に行く。立ち技で柔術の発想です。相撲ルールであれば、青木を背中に背負ったまま後ろに倒れてムーアの勝ちです。打撃の選手としては至近距離で使えるヒジやヒザを多用するしかありません。

退会済み

No.525 2014/11/30 07:04



今回の仮ルールで言えば、押し出し3回は公平のように見えて、アウトボクシングして、落とされそうになったら無抵抗で2回落ちる、あるいは同体で両方減点されるなら一緒に落ちる方法を考える選手が出て来ると思います。

実験大会を性善説の選手だけでやると本大会でそういう試合が増える可能性があります。

退会済み

No.524 2014/11/30 07:00



ルールを作る時は性善説と性悪説も考えないといけないと思います。

正々堂々と戦ったらどうなるかだけじゃなく、抜け道を探す奴もいるんじゃないかと。

アジア大会の京子ちゃんみたいに攻めるルール改正したのに、コーション中に攻めたら負けみたいなパターンが出て来ると思います。

退会済み

No.519 2014/11/30 06:50



コンテンツの面白さは独自性ともつながると思います。従来のMMAが打投極のみだったのに対して、打撃vs押し出しで、力士やラガーマンやアメフト選手と闘うだけで、見たことがない展開になるので、面白くなると思います。

問題は土俵の外が崖で落ちたら死ぬという部分を視聴者に体感してもらえるかどうかで、実況解説次第じゃないでしょうか。

退会済み

No.518 2014/11/30 06:49



ただ627にはトリックがあります。

それは「ヘッドギア」と「床のクッション」です。

ヘッドギアをつけなければ本来パンチでボコボコにした方が効率はいいですし、床がクッションなのに627の動画では「ノーカン」の様です。

これが床がコンクリなら投げられたらと警戒もするでしょう。

状況次第で戦い方も変わってきますが、一番喧嘩が起こりそうなのはやはり「市街地」でしょう。最大公約数の考えでいくべきです。

退会済み

No.517 2014/11/30 06:43



>伊藤三世様



そんな感じですかね。

全ては「床はコンクリやアスファルト」と考えて判断しなくてはいけません。

選手の安全の為に例えば畳などにするだけであって、コンクリやアスファルトの方が圧倒的に多いのですから。

たとえタックルでも背中から勢いよく綺麗に倒されれば息が詰まってその間にパウンドを食らいます。壁に頭ぶつけるとかの考えもあるくらいですから。

そこの判断でしょう。

伊藤 三世

No.516 2014/11/30 06:15



Wミノルさん>

ダウンは1ラウンド2回でKOになのですが、パウンドありだとすると、ダウンからの追撃が認められるので、KOとの線引きがどうなるのでしょう。



スタンドで致命的な打撃が当たった場合は、一撃KOもありますが、ダメージはあるけど続行可能な場合はKO判定でカウント。



攻防の中でバランスを崩して転んだり、もつれて倒れた場合はそのままパウンド攻撃が認められる ⇒ パウンドや中腰での打撃によって相手が試合続行不可能になればTKO



10秒膠着もしくは、顕著なダメージが与えれない場合は、スタンドに戻される。



そんな所でしょうか。



そういう意味では立ち関節を認める場合の10秒ルール論と繋がって来ますね。

退会済み

No.514 2014/11/30 05:37



>伊藤三世様



スタンドからグラウンドまで含めた流れる様な打撃。

これが1つの理想形ですよね。

シュートボクシングでもUFCでもない新しい格闘技イベント。



ダウンは1ラウンド2回でKOでいいんじゃないでしょうか。

ダウンカウントはあくまで選手を保護する目的で本来存在しない筈のものなのですから。

伊藤 三世

No.513 2014/11/30 05:31



実験で押し出し系の選手が有利だったという事を踏まえて、もう少し打撃系の選手にうかつに近づけない緊張感を生み出すルールが必要なのかもしれませんね。



やはり金的を解禁でしましょうか。



フェンシングのように、ファールカップに当たり判定を付けるとかして。

退会済み

No.507 2014/11/30 05:03



谷川さん、それじゃまるで「打撃ちゃんは実戦で通用しないけど面白い子だから面倒見てやってね」に聞こえますよ。

打撃をそんな「消極的な認め方」でどうするんですか。

集団戦でもっとも威力を発揮するのは「打撃」です!

なぜそういう「積極的な認め方」と状況設定が出来ないのか。

全く理解出来ません。

退会済み

No.506 2014/11/30 04:25



https://m.youtube.com/watch?v=R71Qu-M0iwo

>599タッグのMMAサンプル画像です。

ロシアは集団MMAに躊躇がないようです。

2対2で試合が始まり、1人がギブアップした地点で、2対1になります。6分30秒辺りで、2対1の始まりです。人数が違うと逃げるしかなくて捕まったら終わりな感じです。

個人的にチェホンマン167キロ1人対K-1MAXの70キロ級2人もしくは、55キロ級3人ぐらいで押し出し戦を見てみたいです。

谷川貞治

No.505 2014/11/30 04:13



話を整理しますと、コンセプトの一番は「公平な異種格闘技戦」でお願いします。それをコンテンツとしていかに面白くするか? しかし、前にも言いましたが、「公平な異種格闘技戦」にすると、一番殺されるのが「打撃技」です。「打撃」はK-1やボクシングを見れば分かるように、「離れて闘わないといけない」という前提があって、技術が洗練されますからね。また、コンテンツ性から考えても一番面白いのが「打撃戦」です。そこをどう引き出すか? 「実戦性」に関しては、それらの「根底で忘れてはならないもの」と考えてください。私個人としては、皆さんが言ってる集団戦の実験もルールを決めて、いつか実験したいんですけどね。まずは『巌流島』ルールを固めましょう!

谷川貞治

No.504 2014/11/30 04:01



立ち関節については、私は個人的によく分からないところが多い。ここは、専門家の意見を聞きたいですね。物凄く危険だという話もあるし、かけあっていくうちに流れで寝技の関節技になるという話もあるし、膠着するという話もあるし。ここは、本当に実行委員会の平さんや松本さん、篠原さんあたりに議論に参加してもらうよう、話をしてみます。

谷川貞治

No.503 2014/11/30 03:56



さらに「公平な異種格闘技戦」を面白くしなければなりません。本当は時間無制限で1回のダウン、1回の投げ技一本、1回の押し出しなどで勝負を決めるのもいいかもしれません。問題はそれが面白いかどうかです。コンセプトに「実戦性とコンテンツ性」とありますが、これは相反するものです。「公平な異種格闘技戦」や「武術」を競技化するのは、現実的には無理なことです。そして、コンテンツ性はさらに相反するものです。そこを皆さんと議論しながらできるだけ納得いくよう近づけていくのが、『巌流島』のテーマなのです。

谷川貞治

No.502 2014/11/30 03:49



もっとも「公平な異種格闘技戦」も現実的にはあり得ません。真の「他流試合」は、ルールなしでやらないと「他流試合」とは言えないし、そうなると「実戦」や「武術」と同様、命のやり取りになってしまいます。ですから「公平な異種格闘技戦」には、厳密に言えば「できるだけ公平な」という枕詞かついてしまいます。だから、競技になりにくいし、逆にそこが格闘技論議が続いて面白くなるわけです。

谷川貞治

No.501 2014/11/30 03:43



「公平な異種格闘技戦」。曙がK-1ルールで負けたり、K-1戦士がMMAで負けるのは当たり前じゃないかと。だったら、より公平な異種格闘技戦ルールはできないかという発想です。そこで、一番難しいのが「投げ」に関する評価です。プロの試合になると、どうしても「ダメージ」が見る側に求められます。だからと言って、危険な投げ技でKOを狙う試合になると選手生命に関わってきます。ところが、柔道の一本技でさえ、床が柔らかいと説得力に欠けます。だから、寝技のパウンドまで認めるのはどうかと考えたのです。もっとも、投げの評価に点数をつけるとか、ポイント制にしたら見る側の評価も変わるかもしれません。しかし、打撃と投げと押し出しの評価をどう点数に表して公平にするかもとても難しい。だから、分かりやすいパウンドまでとしてみました。

谷川貞治

No.500 2014/11/30 03:33



ちょっとIpadの調子が悪かったら、いつの間にか議論が進んでますね。Wミノルさんの意見もよく分かるし、一方で木棚さんたちの意見もごもっともです。これは整理しますと、コンセプトの優先順位をきちんと提示しないとダメでしたね。当初、巌流島のベースになるルールを考えた時、もちろん「実戦性」を考えることは、格闘技にとって大切なことですから、それを一番の根底にしようという意見もありましたが、「実戦」とか「武術」は、基本的に「殺す」技や発想に行ってしまいますから、どうしても迷宮に入ってしまう。集団の闘いや武器や環境自体を武器化するなど、いろんな問題がありますからね。考えることは大切ですけど、それをベースにするのは難しいなと。そこで、一番優先したいのを「公平な異種格闘技戦」にもってきたわけです。

退会済み

No.498 2014/11/30 02:14



594見て思ったんですが、やはり「寝技30秒ルール」導入してもいいかも知れませんね。

集団戦でもやはり最初は1VS1で組んでもつれての団子状態になる様です。

1人を30秒以内に仕留めなければ他の奴が飛んでくるという設定で。

この説明なら、下から抱きついて30秒凌ぎ切るという考え方もありですしね。

その代わり「関節技・絞め技」を認めるとか。

同じ意味で立ち技でも「10秒膠着したらブレイク」という考え方も生まれますし。



これなら説明が利きます。

どうでしょう?



退会済み

No.497 2014/11/30 02:03



寝技は凌ぎ方を覚えればパウンドに持ち込むのも容易に出来ますし、マウントよりニーオンザベリーの方がすぐ立って他に対処も出来ますしね。

選択出来るのは強みですよ。



「立ち技は寝かされたら終わり」という風潮が蔓延する中、

制圏道や巌流島の登場で今「集団戦想定の着衣型武道」として新たな価値観が生まれ、

立ち技に再び脚光が当たろうとしています。

どうせやるなら「さまよえる格闘技ファン」の受け皿になる様な大会であって欲しいですよね。

退会済み

No.496 2014/11/30 01:57



ただいま~♪(^0^)/



「喧嘩をコンセプトにするのはおかしい」と否定する人はUFCもそもそもそこから始まっているということを忘れてますよね。

そういう人はUFCみたいに実戦で「掴まれない様に双方上下の服いちいち脱ぐ」のかな?そこからして実戦的とは呼べないと思いますけど。相手に頼むのかな?

安全性を確保する為のルール会議も今HPでやってますしね。

喧嘩を否定する人は「UFCも否定」ですよ。矛盾してます。そもそも喧嘩はやっちゃいけないんだから(笑)

そういう人にはデート中に喧嘩ふっかけられても警察にかけこむことをお勧めしますよ。武道の本質を否定してるんだから。

武道の本質は「護身術」。こういえば少しは理解出来る筈ですよ。



シュートボクシングや散打とかも実戦的だと思います。



「日本発・市街地集団戦型実戦武道」をしっかりとコンセプトに加えるべきです。

退会済み

No.490 2014/11/29 18:00



逃げられないように作ったオクタゴンがケージを背にする、ケージを使って起き上がれるように倒れるで実質フリーロープエスケープ状態になって、逃げたら押し出しの土俵がノーロープエスケープになるというねじれ現象は面白い話だと思います。

退会済み

No.488 2014/11/29 14:32



立ち関節とかありに期待してた。現状のメジャー選手にとって立ち関節有りは不利になってしまうのかな。人気ある選手を勝たせせるにはやはりK-1ルールみたいなものがいいのだろうか。



新しい格闘技イベントとして期待してる。リアルな試合を期待してます。



伊藤 三世

No.486 2014/11/29 14:23



ミノワマンが煽りVで独自の特訓を見せたりしてますけど、ああいうのをYouTubeでどんどん配信して欲しい。おフザケじゃなくて真剣に。



期待していた技が試合で出るというのも、盛り上がる要素の一つ。



プロレスはどこかお約束が見たくて会場へ足を運ぶ所もありますし、期待を持たせて期待に応えるという構図は重要だと思います。



MMAではオリジナル技を公言して、結局できませんでしたという人ばかりでがっかりする。

伊藤 三世

No.485 2014/11/29 14:11



個人的にはやはり、2人のタッグトーナメントとかが観たいですね。

オリジナルのコンビネーション開発とか、組む人によって戦い方がガラリと変わったりして。トーナメントを通して友情が深まっていったり、仲悪いのに異常に強かったりとか。ドラマ、ストーリー性が出て来る。

ファンの求心力を産むにはストーリー性は重要です。

伊藤 三世

No.484 2014/11/29 14:07



木棚さん>

これは面白い。なぜか最初は一対一になる。これはルールでそうなっているのでしょうか。



5対1で1人ずつ倒して行く作戦のチームもあって良いのかなとか。

スクラムで囲ったりして。



これを見て思った問題は、そうした複数人対1人という状況になった時に、集団リンチの様に見えてて、凄惨さが出てしまう所ですね。



上手くルールを作ってブラッシュアップできたら、新しいコンテンツになりそうです。



それこそステンカの様に、最初は押し出しのみで一回落とされたら終わりとか制約ルールを設けてやるのもありかなと。

退会済み

No.478 2014/11/29 12:33



No.544のように

「投げ一本・空撃一本は「市街地戦ならこれは立てない」と判断したもののみ取るものとする。」

みたいな審判の主観に勝敗を委ねるのは、興行的にも格闘競技的にも向かない。むしろ武道の領域に感じます。

584Wミノルさんの市街地集団戦や寝技の禁止などのコンセプトは元ネタが佐山聡さんの掣圏真陰流なので、だったら、佐山さんがハマった手裏剣もクレー射撃的な競技として入るわけで、武器あり前提の武道じゃないかと。

伊藤 三世

No.477 2014/11/29 12:30



集団戦に置いて寝技は論外なのか?

立ち関節はどうなのか?

アルティメットロワイヤルじゃないですけど、一度本気でダッグマッチをやってみた方が良いかもしれませんね。

これまでのグラップリングのタッグマッチはありましたが、基本的にタッチで選手が入れ替わるだけで、複数人が同時に攻防を行う事はやってないですから。

これは独自の技術体系が生まれますよ。

連係や、仲間と一緒に場外へ突き落としたりして。勝っても仲間割れしたりとか。

面白そう。

退会済み

No.476 2014/11/29 12:17



ルールですか。

ボクシングでも1ラウンドに、2~3回ダウンしたら負けでしょう。

押し出しや投げもダウンと同じ扱いで良いと思います。

相撲に合わせて足の裏以外を地面に着いたらダウン扱いか、柔道やレスリングに合わせて、背中が着いたらko扱いで一発負けぐらいで。





退会済み

No.473 2014/11/29 12:04



集団戦だと、寝技は頭を踏まれると言いますが、立っていても後ろから後頭部を殴られます(笑。パウンドする側も頭部が立っている人の腰の位置になるわけで、ミドルキックが頭部に入ります。腰より上をマットに着いたらダウンで良いのでは。

集団対集団か、集団対個人かで変わりますが、暴走族同士で集団で殴り合えば決闘罪で両方刑務所です。個人対集団なら、走って逃げます。

退会済み

No.470 2014/11/29 11:48



公式ページ上のルールが決まっていません。http://ganryujima.fightlabo.com/rule/index

ルールに合わせた思想を作るのではなくて、思想やコンセプトから、ルールが生まれるわけです。Wミノルさんの実戦は、せい圏の話で、手裏剣とか、銃も想定しているわけで、武道の領域です。競技からは離れる気がします。

退会済み

No.463 2014/11/29 11:31