NEWSニュース

子供にも愛される武道大会をめざしたい! だから......5・6巌流島のオープニングは「キッズ巌流島」試合を開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「子供にも愛される武道エンターテイメントをめざしたい!」というのが、巌流島の基本コンセプト。巌流島における闘いを通じて、ただ勝ち負けだけでなく、「武道精神」を伝えていくことが意義だということは、何度もお伝えてしてきたとおり。そこで56巌流島・舞浜大会では、子供・巌流島ルールの試合を実際に行います。

基本的なルールは、ヘッドギアにパンチング・グローブをつけてのフルコンタクト空手ルールに、場外への押し出し有りの相撲ルールを加えたもの。12ラウンドで2試合行われるが、打撃がきれいに決まったら技有り。技有り2回で一本勝ち。さらに場外は1回押し出せば技有り。2回場外に押し出せば合わせて一本勝ちとなる。フルコンタクト空手では、グローブ空手の老舗の新空手のK-4ルール+相撲ルールが、今回の「キッズ巌流島」のルールです。

その初のキッズ巌流島ルールに出場するのは、新空手で活躍する空手道場の「健成会」と、K-1や正道会館の大会で活躍した安廣一哉氏が指導する「安廣道場」の対抗戦。果たして、キッズ巌流島の闘いはどうなるのか?  これも巌流島が手がけるビジョンに則った公開検証!  開会式前の16:00前後の実施を予定しているので、ぜひご覧ください!

[キッズ巌流島/対戦カード]

オープニングファイト  1試合(12ラウンド)

岡部泰己(健成会) VS 宰川桂人(安廣道場)

オープニングファイト  2試合(12ラウンド)

津口馨登(健成会) VS 小原蒔恩(安廣道場)

[キッズ選手プロフィール]


岡部 泰己

◇岡部泰己(おかべ たいき)
・所属 健成会
・生年月日 2007年10月13日生まれ(9歳)
・実績 2015新空手JAPAN CUP優勝、2016/2017全日本新空手道選手権大会K-4グランプリ準優勝


津口 馨登

◇津口馨登(つぐち けいと)
・所属 健成会
・生年月日 2005年5月19日生まれ(11歳)
・実績 2015/2016全日本新空手道選手権大会K-4グランプリ ベスト8


宰川 桂人

◇宰川桂人(さいかわ けいと)
・所属 安廣道場
・生年月日 2005年11月25日生まれ(11歳)
・実績 第259回新空手道東京大会 K-4ルーキー敢闘賞


小原 蒔恩

◇小原蒔恩(おばら しおん)
・所属 安廣道場
・生年月日 2005年4月7日(11歳)
・実績 第250回新空手道東京大会 K-4ルーキー優勝

5・6巌流島の大会情報はコチラ⇒
『WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA』

 

人気記事/POPULAR

まだデータがありません。