BLOMAGA巌流島ブロマガ

「数見空手はなぜ、レスラーに倒されなかったのか?」 岩崎徳正が語る初の異種格闘技戦・体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お題………大反響! 13巌流島を総括する

文◎岩崎徳正(数見空手)

文◎岩崎徳正(数見空手)

 

まず、対戦相手の蓮見選手、ありがとうございました。

11月の記者会見、第2回トライアウト、前日計量、試合後と、

蓮見選手は会うごとに、きちんと挨拶をしに来てくれました。

UWFスネークピットジャパンの宮戸代表にも同じく試合前に、

「よろしくお願いします」とご挨拶いただきました。

簡単なように感じますが、きちんとやることは難しいことです。

まさに武道精神!

ものすごくきちんとした方々なんだな、と思いました。

おかげで当日は気持ちよく試合が出来ました。

ありがとうございました。

当日は自分以外の試合を見ることが出来ないくらい、

集中していましたので、感想は自分の試合のみとさせていて頂きます。

試合内容としましては、何パターンか試合展開を予想していました。

その中で、肉体的、精神的にツラいので出来れば避けたい。

でも、レスラーと空手家が闘ったら、100パーセントこんな展開になるよね。

そして最終的には倒されてやられちゃうよね。

というパターンが四つからの崩し合いでした。

頭をフル回転させ、蓮見選手がやってきそうなことを考えましたが、

そもそもレスリングなんて昔出稽古の時に、ちょこっとやっただけなので、

思い浮かぶはずもなく、

最終的には、

「気合」と「根性」で何とかしよう!

という結論に達しました。

Q9A3048

嫌な予感は当たるもので、

試合時間の9割近く四つで組むという展開に。

比較的、蓮見選手の得意な分野での勝負になりました。

理想は打撃でKO

しかし、現実は組みついて膝蹴り。

理想と現実はなかなかうまくいかないものです。

そんな中、

思いの外、

四つからの展開に体が順応していました。

空手の型をやる事によって、

重心が下がり、

安定感が増したので、

力を使わずに組むことが出来たようです。

力みがなく、安定感があったので、

組んでも打撃がスムーズに出せたのだと思います。

何度か倒されはしましたが、

きちんと相対すれば、

下になっても怖くなく、

打撃も出せました。

この辺りは関節技なし、寝技15秒の巌流島ルールだからかもしれませんが。

昨年のトライアウト2回と、

今回の試合を通して、

良かった点、改善点含め、

たくさんの気づき、収穫がありました。

今後の空手修行の糧になる、

大切な経験をさせて頂きました。

ありきたりですが、

この経験を今後の自分自身の修行、

数見道場での指導に役立てたいと思います。

そしてまた、

巌流島へ。

次回は5月上旬!!

よろしくお願いします。

1・3巌流島のレポートはコチラ⇒
『OUT ENEMY 2018 in MAIHAMA』