NEWSニュース

全アジア武術選手権トーナメントの組み合わせ決定! 初対決! 菊野vsテコンドー王者、小見川vs中国武術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image1

10月21日(金)、代々木第2体育館で開催される「巌流島・全アジア武術選手権大会2016 in TOKYO」。アジアから厳選された8人の武道家、武術家で繰り広げられるワンデー・トーナメント、その組み合わせが決定した。

1回戦の組み合わせは以下のとおり。

 

  • 第1試合  4秒殺の伝説樹立! 沖縄拳法空手 vs テコンドー韓国王者

菊野克紀(沖縄拳法空手/日本) vs ハ・ウンピョ(テコンドー/韓国)

 

  • 第2試合  ロシアの白兵戦闘術・王者 vs モンゴル相撲

イゴール・ペルミン(ハンド・トゥ・ハンド/ロシア)vsアマラー・フーヘンフー(モンゴル相撲/モンゴル)

 

  • 第3試合  ニッポン柔道 vs 中国・散打王

小見川道大(柔道/日本)vsジャン・ウェンシェン(プロ散打/中国)

 

  • 第4試合  国技ムエタイ王者 vs イランの謎の武術王者

クンタップ・チャロンチャイ(タイ/ムエタイ)vsアリ・マルバクティアリ(カンフートーア/イラン)

まさにドラゴンボールの「天下一武闘会」を思わせるアジア武術の祭典。経験的には菊野克紀、小見川道大の日本人・武道家が有利だが、相手はまず闘ったことのない、異分野の選手ばかり。専門家もDATAがない上に巌流島ルールということで、誰が勝ち上がってくるか、予測もできない大会になるのは間違いない。特にロシアの白兵戦闘術の極東王者で、空道のアジア王者のペルミンと、イランの謎のカンフー王者は不気味かつ、映像で見る限り、とても期待ができそう。2人とも年齢が若く、ルックスもいいので、優勝すれば巌流島の新しいスターとなる。

そうかといえば、中国4,000年の歴史で育まれた武術、その実戦の散打王も若くて期待できそうな選手だ。競技人口から言っても、アジアでは近い将来、断トツの存在となる中国だけに要チェック。その中国武術の相手は、小見川となる。しかし、専門家の間ではやっぱり評価が高いのが、ムエタイ王者のクンタップ。前回の4秒殺はたまたまの敗戦であり、紙一重の闘い。実力を発揮すれば、優勝するのはクンタップというのが、既存の格闘技マスコミの見方である。

菊野の相手のテコンドー選手もとにかく蹴りのよく出る選手で変則的。モンゴル相撲の選手は、柔道やサンボでも実績を持つ、モンゴルのオリンピック委員会の一押しの選手。そう考えると、変にキック式、MMA式、巌流島式の闘いではなく、自分の技をうまく出せる選手が勝ち上がっていくだろう。自分の技が出せれば、他の選手にとっては全て変則的だ。その中で、菊野と小見川はメダルを獲れるのか? 決勝が 空手vs柔道になれば、それも面白いが、トーナメントは神が舞い降りることもあるし、魔物が棲んでいることもある。果たして、アジアの武術王は誰だ!?

[トーナメント組み合わせ]

%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%883

 

 

人気記事/POPULAR

まだデータがありません。