NEWSニュース

12.28 INOKI BOM-BA-YE×巌流島in両国 – 令和猪木軍 vs 世界格闘技軍 –

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対戦カード

 

猪木ゲノム「日本最強の柔術家」イゴールが「オランダの狂犬」のラストファイトに挑む!

MMAルール/5分×3R/92kg契約
イゴール・タナベ(柔術/ブラジル)vs メルヴィン・マヌーフ(キックボクシング/オランダ)

見所解説

イゴール・タナベは日系ブラジル4世で、両親の出稼ぎに伴って6歳の頃に来日。日本人と同じ小学校に通ったこともあり、イジメや差別を受けたイゴール少年が運命的に出合ったのは、日本人がブラジルに伝え、ブラジル人の手で育まれたブラジリアン柔術だった。

8年間連続で、柔術日本一に輝いた成績は、まさに柔術日本最強の男。しかも185センチ、90キロのヘビー級ということもあって、ブラジルを第二の故郷にもつアントニオ猪木が期待をかけた23歳の超新星である。

そのイゴールは、妻子の生活を楽にさせるためにも、プロファイターになることを決意。今回の猪木ボンバイエで本格的なデビュー戦となるイゴールの相手は、「オランダの狂犬」メルヴィン・マヌーフという世界的にも有名な強豪に決定した。

メルヴィンといえば、日本でもK-1やDynamite!!でレミー・ボンヤスキーやマーク・ハント、秋山成勲といったチャンピオンたちと激闘を繰り広げ、ブンブン振り回すパンチとキックのファイトスタイルで一斉を風靡。今年9月までは米国MMA団体ベラトールで活躍し、惜しまれながらラストファイトをしたばかり。今回の試合で日本でも引退試合を飾る意気込みだ。

打撃でガンガンいくファイトスタイルは、あのタフなマーク・ハントをも一撃KOした破壊力を持つ。一方、日本最強の柔術家のイゴールは、寝技で「ニンジャ」と呼ばれるほど動き回り、極め力の強さには定評がある。打撃のメルヴィンか? 関節技のイゴールか? スリリングな一戦となること間違いなしだ。

 

猪木軍主将「青い目のケンシロウ」が「巌流島の若大将」に闘魂伝承マッチ!

巌流島ルール/5分×3R/無差別級
ジョシュ・バーネット(キャッチレスリング/アメリカ)vs  シビサイ頌真 (武術/日本)

見所解説

日本MMA界最強の男と呼ばれるラオス人とのハーフ・シビサイ頌真は、柔道をはじめ、キックボクシング、倉本流武術、柔術といった格闘技を修得するトータルファイター。

柔術でも昨年念願の黒帯を取得。キックボクシング、DEEP、巌流島、RIZINといった日本のプロ格闘技団体で活躍しての今回の猪木ボンバイエ参戦となる。

「令和猪木軍」総監督の小川直也をして、今回一番注目したい男に名を挙げる。そんなシビサイの対戦相手は、今回レジェンドのジョシュ・バーネットということもあり、シビサイの口から初めて「楽しみで仕方ない」という前向きなコメントが出た。

ジョシュは、元UFCヘビー級チャンピオンにして、現パンクラス・ヘビー級王者。PRIDEでも、ヒョードル、ノゲイラ、ミルコと並び、ヘビー級四天王と称され、K-1・4タイムズチャンピオンのセーム・シュルトにも一本勝ちしている誰もが認めるレジェンドである。

しかも、『北斗の拳』といった日本のアニメを愛し、アントニオ猪木とカール・ゴッチを尊敬するリアル・プロレスラーでもある。文句なしの「令和猪木軍」のキャプテン的なジョシュだが、同じトータルファイターのシビサイとは巌流島ルールで対戦! 新しいことにチャレンジしたいという、まさにプロレスラーらしい発想だ。トータルファイター同士の異色の巌流島対決は、まさに「闘魂伝承マッチ」と呼ぶにふさわしい一戦となる。

 

猪木vsウィリー40年目の再現か!? プロレスラーvs極真空手の死闘!

巌流島特別ルール/5分×3R/無差別級
関根“シュレック”秀樹 (柔術/日本)vs  ヤン・ソウクップ(空手/チェコ)

見所解説

1979年2月、アントニオ猪木の異種格闘技戦の歴史の中でも、モハメッド・アリ戦に続いて、今も格闘技ファンに伝説として語られるのが、「熊殺し」極真空手のウィリー・ウィリアムスとの一戦だ。

プロレスこそ「キング・オブ・スポーツ」と謳うアントニオ猪木と、「地上最強のカラテ」を豪語する極真空手の流派のプライドをかけた、まさにこれぞ異種格闘技戦。リング上の当事者である猪木とウィリーだけでなく、新日本プロレスと極真空手の猛者たちの場外乱闘、さらに猪木信者と極真信者のファンが入り乱れて、蔵前国技館は殺伐とした雰囲気に包まれた。

結果は両者リングアウト。猪木はウィリーにあばらを折られ、ウィリーは猪木の腕ひしぎでヒジを伸ばされた。それから約40年が経ち、その伝説の猪木vsウィリー戦の決着戦を希望するのが、プロレスラーであり、元警察官という異色の肩書きをもつ柔術家・関根“シュレック”秀樹である。

今回は柔術家というより、プロレスラーとして猪木追悼イベントに参加するシュレック。対するは、極真空手の世界大会で準優勝に輝いたチェコのヤン・ソウクップである(ウィリーの最高位は世界大会第3位)。

シュレックの関節技か? ソウクップの三日月蹴りか? シュレックとソウクップのプロレスvs極真空手は、40の歳月をかけて、どのように進化したか?

 

超新星「凶気の二丁拳銃」メイソンが、K-1元世界王者相手にキックデビュー戦

キックボクシング/3分×3R/72.5kg契約
宇佐美秀メイソン(空手/日本)vs アルバート・クラウス(キックボクシング/オランダ)

見所解説

少年時代は新極真空手をはじめ、各空手流派のトーナメントを総ナメし、天才少年登場と騒がれた宇佐美秀メイソンは、日本人の父親とカナダ人の母親を持つハーフで、兄はRIZINで活躍する宇佐美正パトリック。

しかし、ボクシングでは、東京オリンピックの最終予選まで残った真面目でエリートの兄に対し、メイソンは15歳からその才能をストリートファイトの方向に向けて鑑別所入り。心配した父親は、離婚した母親の住むカナダに留学させるが、カナダでもストリートファイターとしての暴れっぷりは輪をかけ、5年間で2年も少年院・刑務所で過ごすことになる。

身体の大きな外国人相手にも何ら臆することなく、ギャングのボスの自宅に強盗に入るほどの怖いもの知らずで、仲間数人が殺害され、本人も銃で撃たれた経験を持つ。さすがに死ぬんじゃないかと親に呼び戻されたメイソンは、兄同様、才能を活かしてプロ格闘家になることを決意。デビュー前から、その才能ぶりを専門家から絶賛されている逸材だ。

そんなメイソンのデビュー戦の相手に選ばれたのが、なんと初代K-1 MAX世界王者のアルバート・クラウスだった。2年前に引退したとはいえ、息子と共にトレーニングを欠かさないクラウス。魔裟斗やブアカーオ、サワーといったK-1 MAX四天王と一時代を築いた、レジェンド中のレジェンドに挑むという破格の扱い。

兄パトリックは身体能力の高さ、パワーの強さでガンガンいくタイプだが、性格とは逆に相手の攻撃をもらわないテクニシャンだというメイソン。果たして、レジェンドに対して、どこまで才能を発揮できるか?

 

隠れメインだ! “人間風車“カポエイラvsムゲンドーの超アニメ対決!

巌流島特別ルール/5分×3R/77kg契約
マーカス・レロ・アウレリオ(カポエイラ/ブラジル)vs ガロア・ボファンド(ムゲンドー・マーシャルアーツ/イギリス)

見所解説

アントニオ猪木の第二の故郷ブラジルで、柔術同様、土着の格闘技として育まれた奴隷の格闘技カポエイラ。一見、ダンスのようなカポエイラをキックボクシングや総合格闘技の試合でも使いこなすのが、マスターのマーカス・レロ・アウレリオだ。

クルクルクルクル、次々に回し蹴り、後ろ回し蹴りを連続で繰り出す回転系キックは、まさに旋風脚! すでにその実力は巌流島でも証明済みだ。

対するガロア・ボファンドは、謎の「ムゲンドーキック」という日本人が作ったらしい格闘技流派がベース。高速のサイドキックは、まさに北斗神拳! それでいてUFCでは、変な投げ技で相手の肩を脱臼させて、なんとも珍しい投げ技でのKOで勝利している。

MMAの技術が進化し、MMAという競技の枠の中での勝ち方がどんどん磨かれ、その反面、個性がなくなっているファイターの中で、これだけ尖った必殺技を持つ2人の対決は、まさしくアニメを超えたリアルファイトになること間違いなし! 噛み合えば達人級の個性をもつ異次元空間を作ること間違いなしだ!