NEWSニュース

9・2 巌流島のテーマは「ADAUCHI」(仇討ち)! 日本人全敗の仇討ち、菊野克紀がカポエイラ・レロと激突!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警察官最強だったシュレックがパンクラス王者と激突!
カマキリ vs ブラックマンバのサバンナ最凶対決も実現

0902_巌流島_B2

皆さん、大変お待たせしました!

92()、ディズニーランドの隣り、舞浜アンフィシアターで開催される今年3回目の巌流島。毎回、コンセプト至上主義で大会を開く巌流島だが、今回のテーマは、ズバリ「仇討ち」だ!  大会名も「巌流島 ADAUCHI 2017 in  MAIHAMA  〜サムライたちの仇討ち(REVENGE)〜」に決定した。

当日はトーナメントではなく、ワンマッチ形式で8試合前後を予定。そこに「仇討ち!」というテーマが加わる。巌流島のプロデューサー谷川貞治は「ただワンマッチを並べても意味がない。そこで、かつてK-1プロデューサーをやっていた頃にワンマッチで一番ヒットした企画REVENGEを思い出した。それを武道風にいうと仇討ち!  しかも、REVENGEというと個人的に負けた相手に対しての再戦となるが、仇討ちというと組み方もドラマももっと広がる。日本人は忠臣蔵みたいな仇討ちものが好きだから、きっと巌流島の名物企画になると思います」と、自信たっぷりに語る。

確かに、仇討ちをテーマにすると、親の仇討ち、兄弟の仇討ち、師匠の仇討ち、流派の仇討ち、恋人や妻を奪われた仇討ちと、いろんな試合が組める。そして、1試合ごとに目線が持てて、ドラマを作りやすいかもしれない。「此処で逢ったが百年目! いざ尋常に勝負! 勝負!」。巌流島がお届けする今回の仇討ちの対戦カードは以下のとおりだ。

[決定対戦カード]

1. 日本人全敗のカポエイラに遂に巌流島のエースが挑む! 無差別級

1

 マーカス・レロ・アウレリオ(カポエイラ/ブラジル) vs 菊野克紀(沖縄拳法空手)

今や巌流島の外国人エースといえば、カポエイラのマーカス・レロ・アウレリオ。そのレロに対して日本人は全敗! 前回の大会では実戦空手の鈴木信達まで、レロの兄マーカス・ヴィニシアスに完敗してしまった。そのカポエイラ旋風に立ち向かうべく、遂に日本人エースの菊野克紀が立ち上がった。カポエイラの独特な回転蹴りを沖縄拳法空手の菊野はどう封じることができるのか?  さらにこの試合はレロの方が10キロ以上重いので、巌流島でなければ、ありえない試合。当たれば一発で終わり。菊野初のKO負けで、返り討ちに合う可能性も高い。遂にエース同士が激突する。

2. 弟の仇は兄が討つ!  カポエイラvs喧嘩フットボール再び 85キロ契約

2

ミケーレ・ベルギネリ(喧嘩フットボール/イタリア) vs  マーカス・ヴィニシアス(カポエイラ/ブラジル)

公式シリーズになってから、カポエイラに巌流島で唯一勝ったのが、イタリアの喧嘩フットボール「カルチョ・ストリーコ」の英雄ミケーレ・ベルギネリ。判定ながらレロを破る大金星を挙げた。それをセコンドで見ていて悔しい思いをしたのが、兄のヴィニシアス。弟の仇は兄が討つ!  前回大会の強烈なインパクトにより、巌流島で一番強いんじゃないかとの呼び声が高いヴィニシアス。イタリアの英雄は返り討ちにできるか?

3. ムエタイの仇討ち! 対戦相手はなんと菊野と同じ沖縄拳法空手家  76キロ契約

4

種市純也(沖縄拳法空手)  vs クンタップ・チャロンチャイ(ムエタイ/タイ)

巌流島ではすっかりお馴染みとなったムエタイ王者のクンタップ。デビュー戦こそMMA選手をKOし、強烈なインパクトを残したが、ここ3試合は連敗続き。そのきっかけは、菊野克紀の一撃必殺の秒殺KO負けからだった。ムエタイの名誉回復のために、クンタップがケジメをつけたいのが菊野克紀との再戦。今回、そんなムエタイの敵討ちとして、クンタップの対戦相手に選ばれたのが、菊野と同じ沖縄拳法空手の種市純也だ。果たしてムエタイ王者は菊野戦の悪夢を払拭できるか?

4.「キックをナメるな」と引きこもりファイターに仇討ち!  63キロ契約

5

原翔大(実戦空手)  vs  般若HASHIMOTO(キックボクシング)

前回の巌流島で、シンデレラボーイとなったのが、引きこもりファイターで、精神保健福祉士の会社を経営する実戦空手の原翔大。名門チームドラゴンの新エース北井智之の圧勝と見ていた専門家の予想を見事に覆したのは、記憶に新しい。そんな原に対して「キックをナメるな」と立ち上がったのが、名古屋の格闘技団体「HEAT」で一番の注目株・般若HASHIMOTOだ。イケイケのHASHIMOTOは児童養護施設出身のハングリーファイター。両者のキャラの違いにも注目!

5. チームドラゴンの仇討ち!  相手は門番・達人幻想破壊者!  無差別級

6

中島大志(相撲)  vs  濱田淳史(キックボクシング)

選手の大量離脱で苦境に陥ったキックボクシングの名門ジム「チームドラゴン」。前田憲作会長は勢いを取り戻そうと巌流島にも、今やチームリーダーの北井智之を送り込んできた。しかし、結果は全く無名の引きこもりファイターに、まさかのTKO負け!  しかし、ここで終わるチームドラゴンじゃない。そのチームドラゴンは今回、ヘビー級でK-1出場経験のある濱田淳史を送り込んできた。対戦相手は60歳の合気柔術の達人をKOし、一瞬にして幻想を破壊した空気の読めない相撲の中島大志。巌流島の門番として、今回も空気を読まずに名門チームドラゴンの幻想を破壊するか?

6. [特別試合]警察官最強だった男がパンクラス王者に挑む!  無差別級

7

ロッキー川村(パンクラシスト) vs  関根シュレック秀樹(柔術)

「仇討ち」ではないスーパーファイト2試合も決定。まずは前回の大会で大きなインパクトを与えた、警察官最強だった男・関根シュレック秀樹。対戦相手は現パンクラス王者のロッキー川村(川村亮)に決定した。遂に現役パンクラス王者が巌流島に参戦。アメリカンフットボール経験者だが、得意技はシュレックが苦手といわれる打撃系の選手。勝負論としても気になる一戦。シュレックの真価が問われ、同時に大物団体の初顔選手としてロッキー川村がチャンスを掴めるかどうかが試される。ロッキー川村のキャラにも注目!

7.[特別試合]カマキリvsブラックマンバの「サバンナ王」決定戦! 80キロ契約

8

瀬戸信介(蟷螂拳) vs  ブラックマンバ(ムエタイ/インド)

前回の大会を負傷欠場した蟷螂拳の瀬戸信介。カマキリ拳法が実戦でも通用するかどうかを自ら挑戦して試している。その瀬戸信介の相手は、所英男にもKO勝ちしているブラックマンバに決定した。ブラックマンバのベースはムエタイだが、K-1DREAMで活躍した経験豊富な人気選手。カマキリが勝つか?  ブラックマンバが勝つか? まさにサバンナ王決定戦。ケガが回復して復帰戦となる瀬戸にとっては、世界基準の相手は正直きつい。まさに正念場の一戦となるだろう。

さらに期待の超新星シビサイ頌真の連続参戦も決定。カードは対戦相手が決まりしだい発表する。なお、前回大活躍した小見川道大は、残念ながら今回は欠場。フジテレビのCS生中継の解説を務めることになった。

開場は12:30、開始は13:30。チケット先行発売はぴあ独占で710(月)、一斉発売は15()より、巌流島オフィシャルサイト、チケットぴあ、ローソンチケット、e+イープラスで発売。詳しくは大会情報をご覧ください。

9・2巌流島の大会情報はコチラ⇒
『ADAUCHI 2017 in MAIHAMA』