NEWSニュース

次回大会は10月21日(金)、代々木第2体育館で開催! 「全アジア武術選手権大会」に菊野克紀、小見川道大参戦!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4回の公開検証を終えた巌流島。いよいよ次回大会から本格的な武道エンターテインメントが開幕します。注目の次回大会は、10月21日(金)18:00よりスタート。場所はオリンピックの聖地・国立代々木第2体育館に決定!

代々木第2体育館

気になる中身は、格闘技界初の「全アジア武術選手権大会」を開催いたします。大会名は「巌流島 全アジア武術選手権大会2016 in TOKYO」

巌流島_B5_B2

世界には何万もの格闘技が存在しますが、その源流を辿ればアジアの武術に行き着きます。数え上げたらキリがないですが、例えば……………。

  • 4,000年の歴史で育まれてきた中国武術! そこには太極拳、少林拳など、数え切れないほどの流派が存在します。
  • 地上最強と言われたタイのムエタイ。競技人口30,000人と呼ばれるムエタイはいまだ立ち技最強の呼び声も高いのは言うまでもありません。
  • 地上最も過激なルールのミャンマーラウェイ。パンチ、キック、ヒジ、ヒザだけでなく、頭突きや金的まで認めたルールは、地上最も過激だと言われています。
  • オリンピックでも行われている韓国テコンドー! そして韓国には韓国相撲シルムやハップキドー、チャクリキといった武術があります。
  • 日本の国技・大相撲を席巻するモンゴル相撲! 巌流島でも星風、ボルドバードルが大活躍しています。
  • 超実戦・軍隊格闘技ロシアのコンバットサンボ、ハンド・トゥ・ハンド、システマ、そしてロシアは極真空手や空道といった立ち技が強いのも有名。
  • イスラエルのクラブマガ! 巌流島でもその実戦性はすでに証明済み。
  • ブルース・リーも学んだ東南アジアのシラット! 巌流島ではバラット・カンダレが渡辺一久を秒殺KO!
  • アントニオ猪木も取り入れたインド、コシティ! コシティはレスリング系の格闘技で、そのトレーニング方法はカール・ゴッチ→新日本プロレスでも取り入れられています。
  • そして、日本の空手、柔道、相撲、日本拳法、少林寺拳法などなど、まさにアジアは武術の宝庫なのです。

これらのアジアの武術から選ばれた8人の武術家が、己の流派と国の誇りをかけて鎬を削り合う。それが「全アジア武術選手権大会」です。試合は1日で8人のトーナメントを行い、アジア武術最強の男を決定いたします。

そして、注目の出場決定選手は

(1)わずか4秒でムエタイ王者をKOし、巌流島デビューを伝説にした「沖縄拳法空手・菊野克紀」日本代表。

(2)リベンジを狙う「ムエタイ王者・クンタップ・チャンロンチャイ」タイ代表。

(3)ロシアから空道のロシア王者で、軍隊格闘術の「ハンド・トゥ・ハンド極東王者イゴール・ペルミン」ロシア代表。

(4)イランからはカンフーとレスリングの王者になったイケメン「カンフートーア王者アリ・マルバクティアリ」イラン代表。

(5)大相撲に続いて、巌流島を席巻する「モンゴル相撲・アマラー・フーヘンハー」モンゴル代表。

(6)そして、オリンピックのメダル獲得ラッシュで、日本を沸かせた柔道からは五輪3連覇の野村忠宏に勝った男!「柔道・小見川道大」日本代表

さらに神秘の武術の宝庫、本場「中国武術の強豪!」とお隣り「韓国テコンドー国家代表」の8名が参戦!

 

  • 菊野克紀(沖縄拳法空手/日本)

菊野

170cm/70kg。空手家・総合格闘家。国内外のメジャーMMA団体での活躍を経て、2016年、巌流島に参戦。ムエタイ王者を4秒で瞬殺KOする衝撃のデビューを飾った。今回、連続参戦を果たし、日本代表として全アジア武術トーナメントに臨む。

 

  • 小見川道大(柔道/日本)

小見川

168cm/70kg。菊野克紀が空手なら、小見川は柔道を代表して全アジア武術トーナメントに参戦。全日本学生柔道体重別選手権大会、ハンガリー国際柔道大会等を制し、オリンピック3連覇の野村忠宏にも勝利している柔道のトップ選手。自己流の「ネオ柔道」で日本武道の強さを証明する。

 

  • クンタップ・チャンロンチャイ(ムエタイ/タイ)

クンタップ

174cm/70kg。WMAF、WMC、M-1 のスーパーウェルター級王者に戴冠して きたムエタイのトップ選手。3.25 巌流島 TDC 大会では、MMA ファイター の TOSHI を 1 ラウンド KO で下し、“立ち技最強”ともいわれるムエタイ の強さを証明した。

 

  • イゴール・ペルミン(ハンド・トゥ・ハンド/ロシア)

ペルミン

177 cm/ 70kg。現在、ロシア格闘技界を席巻する軍隊接近術「ハンド・トゥ・ハンド」の極東王者。文化圏としてアジアと密接な極東ロシア(ウラジオストク)を代表してトーナメントに参戦する。

 

  • アリ・マルバクティアリ(カンフートーア/イラン)

イランのアリ

180cm/70kg。イラン武術「カンフートーア」の王者にして、イランのレスリング王者という猛者。MMA未経験、23才の若き戦士が、未知の武術大国イランより中東代表として参戦。

 

  • アマラー・フーヘンハー(モンゴル相撲/モンゴル)

アマラー

170cm/70kg。モンゴル相撲をベースに、柔道、サンボの実績も持つアジア式の組技のスペシャリスト。大相撲界に続き、今度は巌流島でモンゴル旋風が吹き荒れるか?

 

さらにさらに! 「スーパーファイト」では、「ブラジルのカポエイラ・マスター、マーカス・レロ・アウレリオvsイタリアの喧嘩サッカー、ミケーレ・ベルギネリ」が激突! 再びカポエイラの脅威の回転足技が見れるか? 前回ルールに慣れていなかった喧嘩フットボールが本領発揮するか? ぜひご期待ください。他にもボクシング渡辺一久、大相撲・星風、バレーボール・ガブリエルがスーパーファイトに参戦予定。来週中にもトーナメントの組み合わせとスーパーファイト全試合を発表する予定です。

  • スーパーファイト3分3ラウンド

マーカス・レロ・アウレリオ    vs    ミケーレ・ベルギネリ
(カポエイラ/ブラジル)                  (喧嘩フットボール/イタリア)

レロvsベルギネリ

星風(大相撲/モンゴル)

星風

渡辺一久(ボクシング/日本)

一久

ガブリエル(バレーボール/フランス)

ガブリエル

これぞ、世界初の武術の祭典。武術家同士が本当に闘ったらどうなる? しかも、菊野に続き、柔道の小見川道大の参戦は非常に楽しみ。国際武道大学時代にあの金メダルを3度も取った野村忠宏を破り、オリンピックのメダルを獲れる男として期待されましたが、同階級にはあの内柴正人(金メダル2回)がいて、いつも決勝で敗れてオリンピックの夢は叶いませんでした。その後、UFC、戦極、DREAM等で活躍。総合格闘技の経験では菊野と並び、その菊野と同じく巌流島向きのプロ武道家です。菊野との空手vs柔道対決が実現すれば、まさに異種格闘技戦の原点で楽しみです。

果たして、アジアの武術を制するのは誰だ!?

チケットの先行発売は9月3日(土)より、一斉発売は9月10日(土)より各チケット発売所で販売します!

詳しくはコチラ⇒https://ganryujima.jp/?post_type=grjm_events&p=4663

 

人気記事/POPULAR

まだデータがありません。